2018年09月10日 05時00分 公開
特集/連載

バージョンや構成管理が必要Windows環境のDevOps 実践を助ける3つのツールを紹介

DevOpsはWindows環境でも実践可能だが、アプリケーションやシステムの運用方法を調整することが必要になる。Windows環境にDevOpsを組み込むことを助ける3つのツールを紹介する。

[Adam Bertram,TechTarget]
画像

 迅速なイテレーションの導入、自動化、フィードバックループはシステム管理者の負担になる。しかしDevOpsには欠かせない。Windowsを利用するチームも、DevOpsをおろそかにするつもりはないようだ。

 DevOpsはツールに依存せず実践できるが、DevOpsが成功するためにはツールが重要になる。Windows環境では、インフラを効果的に管理するのに必要なツールを選ばなければならない。インフラには、さまざまなクラウド環境の導入や、マイクロサービス、仮想化やコンテナ、BYOD(私物端末の業務利用)などのテクノロジーが組み込まれるためだ。Windowsを利用するIT部門のDevOpsへの移行を調査すると、さまざまなツールを利用しているのが分かる。これらの組織はMicrosoftツールか、オープンソースツールのいずれかを重視する傾向がある。

 本稿で紹介するDevOpsツールは、さまざまなOSやクラウド環境に適しているが、本来はWindows環境を念頭に置いて設計されたものだ。紹介する3つのツールは、Windowsを中心に利用するIT部門にDevOpsを組み込み、運用環境に迅速なイテレーション、自動化、フィードバックループを追加する。

継続的デリバリー向けの「Octopus Deploy」

ITmedia マーケティング新着記事

news127.jpg

新型コロナウイルス感染拡大で飲食業経営者の6割が「このままでは事業継続困難」と回答――ショーケース調査
首都圏を中心とした飲食業界経営者に対して2020年3月26〜30日に実施した緊急アンケート調...

news111.jpg

マーケターの5割が自分の仕事の自動化に不安――ベーシック調査
マーケターのキャリアに関する調査結果です。

news150.jpg

SNSマーケティング予算は前年比で増加傾向、注力するのは「Instagram」と「Twitter」――ガイアックス調査
ガイアックスの運営するSNSマーケティングメディア「ソーシャルメディアラボ」が150社を...