2018年09月10日 05時00分 公開
特集/連載

Windows環境のDevOps 実践を助ける3つのツールを紹介バージョンや構成管理が必要

DevOpsはWindows環境でも実践可能だが、アプリケーションやシステムの運用方法を調整することが必要になる。Windows環境にDevOpsを組み込むことを助ける3つのツールを紹介する。

[Adam Bertram,TechTarget]
画像

 迅速なイテレーションの導入、自動化、フィードバックループはシステム管理者の負担になる。しかしDevOpsには欠かせない。Windowsを利用するチームも、DevOpsをおろそかにするつもりはないようだ。

 DevOpsはツールに依存せず実践できるが、DevOpsが成功するためにはツールが重要になる。Windows環境では、インフラを効果的に管理するのに必要なツールを選ばなければならない。インフラには、さまざまなクラウド環境の導入や、マイクロサービス、仮想化やコンテナ、BYOD(私物端末の業務利用)などのテクノロジーが組み込まれるためだ。Windowsを利用するIT部門のDevOpsへの移行を調査すると、さまざまなツールを利用しているのが分かる。これらの組織はMicrosoftツールか、オープンソースツールのいずれかを重視する傾向がある。

 本稿で紹介するDevOpsツールは、さまざまなOSやクラウド環境に適しているが、本来はWindows環境を念頭に置いて設計されたものだ。紹介する3つのツールは、Windowsを中心に利用するIT部門にDevOpsを組み込み、運用環境に迅速なイテレーション、自動化、フィードバックループを追加する。

継続的デリバリー向けの「Octopus Deploy」

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...