2016年03月24日 15時00分 公開
特集/連載

“風通しの良い”企業はDevOpsにMicrosoft製品をどう使うのか当事者が語る2年半の成果

DevOps業務にMicrosoft製品をどのように採用しているのか。米国の自閉症・関連障害センターで最高技術責任者(CTO)を務めるアルバ・パウエル氏に話を聞いた。

[Jan StaffordTechTarget]
CARD CARDのWebサイト《クリックで拡大》

 開発担当者と運用担当者が連携してアプリケーション開発を進める「DevOps」。このDevOpsを採用する企業は、新製品の導入やアップグレードをどのように選択し、Microsoftとそれ以外の製品をどのように使い分けているのか。The Center for Autism and Related Disorders(CARD、自閉症・関連障害センター)の最高技術責任者(CTO)のアルバ・パウエル氏は、以下のように説明する。

ITmedia マーケティング新着記事

news046.png

B2Bマーケティング支援のFLUED、国内のEC/D2C企業20万社のデータベース「StoreLeads」を提供開始
B2Bマーケティング・営業DXを支援するFLUEDは、カナダのLochside Softwareが提供するECサ...

news054.jpg

サブスク動画配信サービスの市場規模が5000億円超え 最もシェアを伸ばしたサービスは?――GEM Partners調査
定額制動画配信サービスの市場規模は2020年以降、堅調に拡大しています。ただし、成長率...

news044.jpg

ビルコム、PR効果測定ツール「PR Analyzer」に海外ニュースのクリッピング機能を追加
ビルコムは、クラウド型PR効果測定ツール「PR Analyzer」に新機能「海外メディアクリッピ...