“年収1000万円エンジニア”になれる初心者が「最初にすること」はこれだ初心者がソフトウェアエンジニアになれる5つのステップ【第1回】

実力が物を言うソフトウェア開発の世界において、成功を収めるためには、学位の有無は関係ない。ソフトウェアエンジニアとしての成功を目指す上で、まずやるべきこととは何か。

2023年04月29日 14時30分 公開
[Darcy DeCluteTechTarget]

 ソフトウェアエンジニアになるために、卒業証書や学位は必要ない。必要なのは、実力だけだ。スポーツ界と同じく、ソフトウェア開発業界は実力が物を言う。時間と労力を惜しまずにスキルを磨けば、年収1000万円も夢ではない。未経験者がソフトウェアエンジニアになり、そして成功するためには何をすればよいのか。必要なスキルやノウハウを身に付けるための、5つのステップを紹介する。

ステップ1.全力になれる「目標」を書き出す

 新しいキャリアにおける目標を書き出し、それに全力でコミットする。これがソフトウェアエンジニアになるための1つ目のステップだ。

 人は目標を持って行動する。自分で目標を設定すると、障壁を乗り越え、目標を達成したいという気持ちが自然と生まれる。ソフトウェアエンジニアになりたいのであれば、全力を尽くすべきだ。

 「自分はなぜソフトウェアエンジニアになりたいのか」という疑問に対する全ての理由を、リストに書き出してみよう。もしその目標を達成できたら、自分の人生はどのように変わるのか。自分の周囲の人にどのような良い影響を与えるのか。そうしたことをイメージするとよい。


 第2回は、2つ目のステップを紹介する。

TechTarget発 エンジニア虎の巻

米国TechTargetの豊富な記事の中から、開発のノウハウや技術知識など、ITエンジニアの問題解決に役立つ情報を厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news065.jpg

アップルのiPad Pro炎上CMにサムスンが一撃 「クリエイティビティーはCrushできない」
Appleらしからぬマーケティングの失敗から数日後、Samsungは「Galaxy Tab S9」を訴求する...

news063.jpg

電話・スマホでのコミュニケーションは「通話」? 「テキスト」?
クロス・マーケティングが全国の20〜69歳男女を対象にした調査によると、電話やスマホで...

news061.png

商品のパッケージが変わると購入意欲につながる?
商品のパッケージデザインの一新が新規購入とその後のリピート購入にどの程度つながって...