2017年12月18日 08時00分 公開
特集/連載

Computer Weekly製品導入ガイドDevOpsツールの選択とコントロール

組織がビジネス機能の継続的な開発とデリバリー、統合のためにDevOpsに目を向ける中で、慎重なコントロールが不可欠とされる。

[Clive Longbottom,Computer Weekly]

 従来のウオーターフォール方式やカスケード方式のソフトウェア開発では、定められた期間にコードを開発し、システムやアプリケーション管理と組み合わされていた。だが、組織はそうした方式からよりアジャイルなアプローチへと移行しつつある。継続的インテグレーションと継続的な開発、継続的なデリバリーを通じた迅速な機能プロビジョニングの必要性の高まりに伴い、多くの企業が“DevOps”の採用に目を向けている。

Computer Weekly製品導入ガイド無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly製品導入ガイド」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。


 DevOpsでは開発とテストと運用のチームが結束し、この3分野を通じたコードとアプリの動きのスリム化を図る。ただしこのプロセスでは大規模なコントロールを行って適切なフィードバックを繰り返し、全てが円滑に運ぶ態勢を徹底させ、悪影響を最低限に抑えながらビジネスにとって最も望ましい成果を出さなければならない。

開発者主導型の転換

 組織にとっての問題は、DevOpsの成長が急であり、トップダウンでの管理ではなくボトムアップの成長である点だ。DevOpsツールの多くはオープンソースソフトウェアだ。組織内の個人が、自分にとって魅力のあるツールをダウンロードして使い始めることに、何の障害もない。

 多くの開発あるいは運用担当者にとって、このチャンスに背を向けるのはあまりに惜しい。開発者は、今ある統合開発環境(IDE)と連携できるダウンストリームシステムを求めてきた。

続きはComputer Weekly製品導入ガイドにて

本記事は抄訳版です。全文は、以下でダウンロード(無料)できます。


Computer Weekly日本語版 最近のバックナンバー

Computer Weekly日本語版 8月21日号 Windows 10更新管理 ダメなやり方

Computer Weekly日本語版 8月7日号 光無線技術Li-Fiが「アリ」な理由

Computer Weekly日本語版 7月17日号 ツールを使え!


ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

「TikTok Ads」2019年の振り返りと2020年の展望
もう「踊ってみた」動画だけではない。急成長する広告配信プラットフォーム「TikTok Ads...

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...