2020年04月30日 08時00分 公開
特集/連載

CI/CDによる高速化で品質も向上――ただし条件付きComputer Weekly製品ガイド

継続的インテグレーション(CI)と継続的デリバリー(CD)はソフトウェア開発の高速化を約束する。だが採用に当たってはまず、成果を引き出すための基本事項を押さえておく必要がある。

[Lindsay Clark,Computer Weekly]
iStock.com/Urupong

 理論上、スピードアップは危険を伴う。近道の誘惑に駆られ、間違いが増えるリスクもある。だがソフトウェア開発に関する限り、必ずしもそうはならない。

 特注ソフトウェア開発とITアウトソーシングを手掛けるCiklumのDevOps担当責任者、ウラジスラフ・グラム氏は言う。「直感には反するかもしれないが、品質がスピードに由来することもある。開発とデプロイを高速化するほど品質は高まる。比較的小さなまとまりのコードでデプロイできるため、テストが容易になるからだ。一方で、開発者は本番環境からのフィードバックをすぐに得ることができる」

高速展開

 グラム氏が継続的インテグレーション/継続的デリバリー(CI/CD)に取り組み始めたのは2016年だった。DevOpsの理念の一要素として、CI/CDはコードをできるだけ早く本番環境に持ち込むことに重点を置く。大きなまとまりのコードを長期間かけて開発し、テストには時間がかかるが確実性は低下するウオーターフォール方式を含む、それまでのソフトウェア開発のアプローチとは対照的だ。

 「もしもテスターのための大規模なレグレッション計画があるとして、相互に依存する100万もの機能がある場合、それがどのコンポーネントに依存するかを予測するのは難しい。だが小さな機能を1つだけデプロイするのであれば、テストを行って依存関係を簡単に予測できる」とグラム氏は話す。

 そのメリットは非常に大きい。Ciklumは欧州の小売業者Metroと組んで電子商取引プラットフォームを構築した。このプロジェクトでは、本番環境の変更にかかるデプロイリリーススケジュールを、標準的な3カ月から1時間に短縮した。

 「その違いは絶大だ。ただし3カ月間でリリースするのと同じ量の変更を1時間ごとにデプロイしているわけではない。開発者は3カ月のリリーススケジュールよりもずっと早く、ユーザーと本番環境からのフィードバックを得ることができる」(グラム氏)

機能デリバリーの高速化

 カリフォルニア大学バークリー校講師でDevOps Research and Assessment(DORA)共同創業者のジェズ・ハンブル氏は、2010年にCI/CDに関する著書を執筆した。同氏はCI/CDを次のように定義する。「新機能、設定の変更、バグ修正、実験を含むあらゆる種類の変更を、安全かつスピーディーに持続的な形で本番環境あるいはユーザーの手に届けられること」

 ソフトウェアのテストを手掛けるMablが500人を対象に実施した調査によると、回答者の53%がCIを使っていて、25%は導入を計画していた。一方、CDを使っているという回答は38%、導入の計画があるという回答は30%だった。

 DORAが開発者3000人を対象に実施した調査結果報告書「2019 Accelerate State of DevOps」によると、エリートグループと実績の悪いグループを比較した結果、前者がコードをデプロイする頻度は208倍、コードの受注からデプロイまでのリードタイムは106倍、インシデントからの復旧スピードは2604倍だった。

クラウドへの競争

 DevOpsとCI/CDは関係しているものの、この両者を混同してはならないとKPMG Internationalの筆頭DevOpsエンジニア、アリアン・ガッド氏は言う。「DevOpsはどちらかというと、企業文化や思考、働き方に関係している。CI/CDはツールと自動化が主導するオーケストレーションのアプローチだ。組織はCI/CDを使ってDevOps的なやり方で技術プロジェクトを遂行する。CI/CDなしでDevOpsはできない」

遅く初めてそこから構築

 CI/CDの導入には問題もある。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
ください(PDFをダウンロードします)。






ITmedia マーケティング新着記事

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...

news021.jpg

中国Z世代の心をつかむ「bilibili」、越境マーケティングにどう活用する?
「bilibili」のKOL(インフルエンサー)を活用したマーケティング手法と事例について、ア...