2017年10月30日 05時00分 公開
特集/連載

サードパーティー製ツールとの連携強化「WindowsでDevOps」がにわかに脚光を浴びる理由 Microsoftの“本気度”は

初期のDevOpsではオープンソースソフトウェアを導入するしかなかった。しかしMicrosoftのDevOps製品の登場により、Microsoftの企業ユーザーもDevOpsに取り組む動きが増えつつある。

[Beth Pariseau,TechTarget]

 Windows DevOpsは、ほぼ一夜にしてオープンソースの世界に足掛かりを得た。

 Windowsを使用するIT部門が保守的になるのは当然だ。一連のレガシーなエンタープライズアプリケーションが深く定着し、アプリケーション開発自動化の妨げとなることが多いためだ。とはいえ、最近のMicrosoft製品はWindows DevOpsのサポートを重視している。Windowsのコンテナのオーケストレーションを支えるためにすべきことは依然あるが、Windows DevOpsのIT部門担当者は古くさいステレオタイプから抜け出そうと決意している。

 こうしたステレオタイプは現実に基づいている。Microsoft製品を使用する部門は、初期バージョンの製品を導入したがらない。そのため、Windows重視の企業に接触する一部のサービスプロバイダーやコンサルタントは、今でもその影響からかDevOpsを勧めるのに慎重になっている。

 DevOps、特に継続的デプロイとアプリケーションリリース自動化のための製品提供に関して、ここ3年、Microsoftは他のオープンソース関連企業に後れを取っていると批評家は指摘する。この後れに加えてMicrosoftツールへのこだわりが、Windows DevOpsの妨げとなっていた。

ITmedia マーケティング新着記事

news038.jpg

PR業界の最新潮流、インフルエンサー活用が進む――日本パブリックリレーションズ協会調べ
日本パブリックリレーションズ協会の推計によると、2018年度におけるPR業の売上高は1290...

news117.jpg

Criteoがモバイルアプリ広告事業を強化、新規獲得と既存顧客活性化のためにできること
インストール、リエンゲージメント、ダイナミックリターゲティングで、Criteoが企業のモ...

news032.jpg

日本の消費者はサブスクリプションにどれだけ前向きか――Zuora調べ
Zuoraが実施した世界のサブスクリプションビジネスの実態調査です。