2017年02月15日 12時00分 公開
特集/連載

データ消失事故を起こしたGitLab、IT運用戦略を専門家が疑問視データバックアップに不備(1/2 ページ)

DevOpsの“運用面”はおろそかになっていないか? GitLabで発生したデータ消失事故を教訓に、企業はこの点を問い直すべきだと専門家たちは語る。

[Beth Pariseau,TechTarget]

関連キーワード

DevOps | Microsoft Azure | バックアップ


データ消失事故に関するGitLab社のブログ《クリックで拡大》

 徹底したルーティン試験が必要なのはコード開発に限ったことではない。ある新興企業は手痛い経験でそれを思い知ることになった。

 2014年創業のGitLabはコードリポジトリホスティングサービスを提供する急成長企業だ。2017年1月31日、同社のサービスは初歩的なミスで一時停止に陥り、データバックアップの不備により6時間分のメタデータを失った。今回の事故はクラウド型インフラの運用戦略において運用担当者の豊富な経験がいかに重要であるかを示す教訓となった。

 GitLabは事故の翌日、SearchITOperationsの取材に答えた。同社は事前に5種類の「フェイルセーフ」策を講じていたが、ITチームメンバーの1人がプライマリーサーバのデータベースディレクトリを削除した結果、データを消失することになったという。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。