2013年10月10日 15時00分 公開
特集/連載

障害が何度起きても「Gmail」が使われる理由クラウド依存の危険性が指摘される一方で……

Gmailが2013年9月下旬に大規模障害に見舞われ、一部のメールに遅延が生じた。クラウドベースの電子メールシステムを検討する企業には、大きな不安材料だろう。一方のGoogleでは、今後の障害に備え対策を講じているという。

[Cliff Saran,Computer Weekly]

 ネットワークを2重にし、冗長化を図っていたにもかかわらず、米Googleのメールサービス「Gmail」は2013年9月下旬、大規模障害に見舞われた。一部のメールの添付ファイルが最大2時間遅延し、ダウンロードできないという現象が発生した。

ITmedia マーケティング新着記事

news040.jpg

TikTokは若者よりむしろ大人にこそ向いているかもしれないと考えられる理由
TikTok For Businessが「X世代白書〜理由が必要なX世代へ、架け橋を。〜」を発表。若者向...

news084.jpg

2021年の国内動画広告市場は前年比142.3%の成長、コロナ禍の落ち込みから反転――サイバーエージェント調査
インターネットを通して配信される動画広告の年間広告出稿額推計とこれからの市場規模推...

news053.jpg

対Amazon包囲網も? ポストCookieにおけるCriteoの勝算
Criteoが3億8000万ドルでIPONWEBを買収する。サードパーティーCookie廃止はアドテク企業...