2021年12月10日 08時15分 公開
特集/連載

Facebook「顔認識機能を廃止」決定に疑いの目 「本当の本当に廃止するのか」顔認識技術の行く末【前編】

Facebookは、顔認識機能の廃止と、それに伴う幾つかの機能廃止を発表した。この動きに疑いの目を向ける専門家がいる。何が問題なのか。

[Esther Ajao,TechTarget]

 Meta(旧Facebook)は2021年11月に公式ブログのエントリ(投稿)で、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)「Facebook」の顔認識機能を数週間以内に廃止すると発表した。一方でFacebookの顔認識機能の今後は不透明だとの見方もある。一部のプライバシー擁護団体はMetaの動きを称賛したが、この動きに懐疑的な専門家は、Metaが今後顔認識技術をどう扱うのかが不明な点を懸念している。

“本当に”顔認識機能を廃止するのか

 Facebookでの顔認識機能の廃止に伴い、顔認識機能を有効にしていたFacebookユーザーは、写真や動画への自動タグ付け機能を利用できなくなる。画像の説明文を生成して読み上げる「自動代替テキスト」(ATT)機能についても、画像内の人物の名前を読み上げ対象から外す。

 顔認識機能の廃止を発表したブログエントリで、Metaは写真や動画へのタグ付け機能の廃止と、ATT機能への影響にのみ言及した。このことから、顔認識機能の利用を全面的に停止するわけではないという臆測が立っている。同社は顔認識機能について、「プライバシーと透明性の管理がなされていれば、本人確認や詐欺、なりすましの防止に役立つ強力なツールだ」と述べる。

 調査会社Forrester Researchのアナリストであるメリット・マキシム氏は、「Metaは顔認識に完全に見切りを付けたわけではない」と語る。「Metaは『特定の用途では、顔認識技術を今後利用しない』と言っているだけだ」とマキシム氏は指摘。「他の用途での利用を放棄したとは言っていない」と語る。

 マキシム氏は、Metaが引き続き社内でFacebookユーザー向けではなく、自社の目的のために、Facebookで顔認識を利用し続ける可能性があると考える。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news084.jpg

2021年の国内動画広告市場は前年比142.3%の成長、コロナ禍の落ち込みから反転――サイバーエージェント調査
インターネットを通して配信される動画広告の年間広告出稿額推計とこれからの市場規模推...

news053.jpg

対Amazon包囲網も? ポストCookieにおけるCriteoの勝算
Criteoが3億8000万ドルでIPONWEBを買収する。サードパーティーCookie廃止はアドテク企業...