2019年04月26日 05時00分 公開
特集/連載

患者の気持ちをリアルタイム検知 「顔認証技術」の医療利用シーン4選用途はセキュリティ対策だけではない

医療機関で顔認識技術を利用すれば、患者の感情を分析したり、入院患者の居場所の特定を容易にしたりできる可能性がある。デバイスや施設のセキュリティ対策だけではない、顔認識技術の利用方法について考える。

[Reda Chouffani,TechTarget]

関連キーワード

セキュリティ対策 | 生体認証


画像

 顔認識技術といえば、セキュリティ対策や犯罪対策に使われるイメージが強いだろう。これらの用途で顔認識技術を利用する場合、取得した顔画像のデータを照合して要注意人物を特定するといった使い方が考えられる。英国や中国など、監視カメラを使った顔認識システムの犯罪捜査への活用を模索している国もある。

 ここ数年、医療業界では顔認識の利用が増加している。その一因は、人工知能(AI)技術の進化によって顔認識の用途が増えたことにある。市場にはAIエンジンを搭載した顔認識製品が登場している。そのため医療機関では、セキュリティ以外のさまざまな用途で顔認識の利用を検討できるようになった。ここからは、医療業界で顔認識技術が役に立つ4つの場面を紹介する。

1.ワークステーションやノートPCの生体認証

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

孫消費急減、女性のLINE利用増――ソニー生命「シニアの生活意識調査2020」
毎年恒例の「シニアの生活意識調査」。2020年のシニアの傾向はどうなっているでしょう。

news137.jpg

米大統領選を巡る「アプリ対決」のゆくえ 「Trump 2020」 vs. 「Vote Joe」と「TikTok」 vs. 「Triller」
米国では2020年月の大統領選挙を前に選挙戦がますます活発化しています。関連するアプリ...

news143.jpg

店舗の滞在時間が減少、「20分未満」が約1.5倍に――凸版印刷とONE COMPATHが5万人買い物調査
電子チラシ「Shufoo!」を利用する全国の男女5万人を対象に実施した買い物に関する意識調...