2018年04月17日 05時00分 公開
特集/連載

Face IDさえも過去にする「次世代顔認証」の世界 歩行者の顔も認識可能に3DカメラやAIソフトウェアが進化の鍵

3次元(3D)カメラや人工知能(AI)技術が、顔認識や顔認証の可能性を大きく広げつつある。具体的な動きを追う。

[George Brostoff,TechTarget]
画像 顔認識/顔認証技術の急速な進化がもたらすものとは

 最近「顔認識や顔認証が、われわれの生活を一変させる」という過剰な宣伝をよく耳にする。公平を期するため、あえて言おう。Samsung Electronicsをはじめとするデバイスメーカーはこれまで、2次元(2D)カメラを使った顔認識によるロック解除技術を自社デバイスに搭載してきた。だが残念なことに、ひいき目に見ても認識精度は高くなかった。

 顔認識の精度を改善するための最新のアプローチは、超小型3次元(3D)カメラと人工知能(AI)ソフトウェアの利用だ。これまでも新製品に新技術を投入してきたAppleが、最新のスマートフォン「iPhone X」に搭載した顔認証機能「Face ID」は、顔認識や顔認証の技術水準を引き上げた。目、鼻、口の位置関係を認証情報として利用し、高額なスマートフォンのロックを解除できるFace IDは便利だ。ただし、これは依然として非常に制限された、比較的インパクトの小さい用途だといえる。

 次の波は、すぐそこまで来ている。光の当たり方や天候に左右されず、身体の角度や位置、場所などの環境要因の影響を受けずに、3DカメラとAIソフトウェアを利用して、人物を認識できるようになることを想像してみよう。

 さあ、エキサイティングな新しい顔認識/顔認証の世界へようこそ。

ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。