スリープから“秒で復帰”のミルスペック機「Acer Chromebook Enterprise Spin 713」「ビジネス用Chromebook」の使い方・選び方【第2回】

「Chromebook」のビジネス向け機種のうち、スリープからの復帰の高速さや本体の強靱さを売りにするのが「Acer Chromebook Enterprise Spin 713」だ。その特徴とスペックを紹介する。

2021年12月12日 11時00分 公開
[Robert SheldonTechTarget]

関連キーワード

Chromebook | Google Chrome | Chrome OS | Google


 GoogleのクライアントOS「Chrome OS」を搭載したノート型デバイス「Chromebook」には、企業向けの特徴を備えた機種が豊富にある。IT管理者の検討に値する主要な機種を紹介する。

スリープから“爆速”復帰のミルスペック機「Acer Chromebook Enterprise Spin 713」

写真 写真 Acer Chromebook Enterprise Spin 713(出典:Acerの米国公式オンラインストア)

 「Chromebook Enterprise」は、Chrome OSの企業向け機能を有効にする「Chrome Enterprise Upgrade」を適用済みのChromebookだ。Acerの「Acer Chromebook Enterprise Spin 713」はChromebook Enterpriseであり、IT管理者はどこからでもデバイスを管理できる。Intelのプロセッサ「Intel Core i7」第11世代を搭載したモデルは、スリープモードから1秒未満で復帰でき、生産性の向上に寄与する。

 Acer Chromebook Enterprise Spin 713は米軍調達規格「MIL-STD-810H」に準拠し、工事現場など厳しい環境での作業に適している。筐体(きょうたい)は金属製で、タッチディスプレイとタッチパッドには傷に強いCorningの特殊ガラス「Corning Gorilla Glass」を採用した。ディスプレイは360度開閉し、画面を共有して共同作業をするときに便利だ。ディスプレイスタイルを選択可能にすることで、航空機内や列車内といった狭い場所でも作業しやすくしている。

表 Acer Chromebook Enterprise Spin 713のスペック(モデル名「CP713-3W-7888」の場合)
項目 内容
プロセッサ Intel Core i7-1165G7
メモリ 8GB
ストレージ 256GB(SSD)
ディスプレイサイズ 13.5型
ディスプレイ解像度 2256×1504ピクセル
バッテリー駆動時間 10時間(公称値)
価格 879.99ドル(米国公式オンラインストアでの価格)

 次回はASUSTeK Computerの「ASUS Chromebook Flip C436」を紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。

news061.jpg

J-WAVEが「ポッドキャスト×NFT」の音声ファンマーケティングサービスを開始
J-WAVEは、ポッドキャストとNFTを組み合わせた音声ファンマーケティングサービスを開始し...