2021年12月05日 12時00分 公開
特集/連載

格安ノート「Chromebook」を仕事で使う管理方法と、使う前の注意点「ビジネス用Chromebook」の使い方・選び方【第1回】

「Chromebook」をビジネスで安全かつ快適に利用するためには、適切な管理が不可欠だ。Chromebookにはさまざま管理方法があり、ニーズに合わせて選択できる。主要な管理方法の概要を紹介しよう。

[Robert Sheldon,TechTarget]

関連キーワード

Chromebook | Google Chrome | Chrome OS | Google


 GoogleのクライアントOS「Chrome OS」を搭載したノート型デバイス「Chromebook」は、従来のPCに代わる比較的低価格の選択肢だ。企業で導入が拡大している在宅勤務などのテレワークや、クラウドサービスの採用を最優先で検討する「クラウドファースト」戦略を採用する企業に適している。

 Chromebookにはさまざまな機種があり、機能や長所、短所がそれぞれ異なる。その中から自社に合う機種を選び出すのは簡単ではない。適切な機種を選ぶには、必要とする管理機能を確認し、クライアントデバイス用の予算を決め、市場の動向を調査する必要がある。

「Chromebook」を仕事に生かす管理方法と、忘れてはいけない注意点

 ビジネスにおけるChromebook利用の広がりに応えるべく、GoogleはChrome OSの企業向け機能を充実させている。こうしたChrome OSの企業向け機能を有効にする「Chrome Enterprise Upgrade」を購入・適用すれば、IT部門はChromebookを簡単に管理できるようになる。Chrome Enterprise Upgradeを適用済みのChromebookであれば、IT担当者はGoogleが提供するWebブラウザベースの管理コンソール(以下、Google管理コンソール)を使って、

  • ポリシーの適用
  • VPN(仮想プライベートネットワーク)や無線LANへのアクセスの許可
  • Chrome拡張機能の強制インストール
  • Chrome設定の構成

といったさまざまなタスクを実行可能だ。

 さまざまなクライアントデバイスを一括管理する「UEM」(統合エンドポイント管理)製品でChromebookを管理するには、使用するUEM製品のドキュメントで具体的な方法を確認する必要がある。例えばVMwareのデジタルワークスペース製品群「VMware Workspace One」に含まれるUEM製品「Workspace ONE Unified Endpoint Management」(Workspace ONE UEM)を使用する場合は、まずはWorkspace ONE UEMのバージョン9.3以降を導入する。その後Google管理コンソールでChrome OSデバイスを管理する機能「Chrome Device Management」(Chromeデバイス管理)を有効にしてから、Workspace ONE UEMとChromeデバイス管理を連携させる。

 Googleは、ChromebookなどのChrome OSデバイスを管理するためのUEM製品として、以下の5製品を認定している。

  • Cisco Meraki(Cisco Systems)
  • Citrix XenMobile(Citrix Systems)
  • IBM Security MaaS360 with Watson(IBM)
  • ManageEngine Mobile Device Manager Plus(Zoho)
  • VMware Workspace One

 サードパーティー製のUEM製品とGoogle管理コンソールを併用したい場合もある。その場合、UEM製品とGoogle管理コンソールとの間で、ユーザーやChromebookの管理単位や、Chromebookに割り当てるポリシーが異なる可能性があるので注意が必要だ。この場合、UEM製品の設定がGoogle管理コンソールの設定に優先する。

 ChromebookをMicrosoftのID・アクセス管理サービス「Azure Active Directory」(Azure AD)と連携させることも可能だ。この場合は、アクセス権限を管理するAzure ADのドメインコントローラーと、Google管理コンソールの両方でChromebookを確認できる。ただしChromebookを管理したり、ユーザーやChromebookにポリシーを適用したりするには、Google管理コンソールではなく、Azure ADのグループポリシー(特定のユーザーやデバイス群に共通して適用するポリシー)を使用する必要がある。ユーザーは、ADの認証情報を使用してChromebookにサインインできる。ユーザー名をGoogleサーバと同期する必要はない。

 ビジネスでChromebookを管理する方法は他にも豊富にあり、状況に応じてさまざまな選択肢がある。こうした状況と用途が、どのChromebookを選択するかという決定を大きく左右する。

 Chromebookには特有の課題がある。例えばChromebookで仕事をするには、安定したインターネット接続が事実上必須となる。Microsoftのオフィススイート「Microsoft Office」の「Word」「Excel」といった主要アプリケーションについては、Chromebookで現在利用可能なのはWebアプリケーション版のみだ。それでも企業は、Chromebookの利点に注目し、活用やその検討を始めている。


 次回以降は、Chromebookの主要なビジネス向け機種を紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news212.jpg

面白い広告は記憶に残るが、ユーモアを活用できている企業は少ない――Oracle調査
ユーモアを取り入れたブランドは支持され、ロイヤルティーが高まり、顧客は再び購入した...

news054.jpg

マクドナルドvsバーガーキング ネット戦略がウマいのはどっち?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news118.jpg

マーケターなら知っておきたい「Googleが次に可能にすること」 Google I/O 2022で発表の新機能まとめ
「検索」「地図」「ショッピング」他、Googleが年次開発者会議「Google I/O 2022」で紹介...