「Office、OutlookのAndroidアプリがChromebookで利用不可」に専門家が歓迎の謎「最終的にはユーザーに恩恵」と専門家

「Office」と「Outlook」のAndroidアプリがChromebookでは利用できなくなり、今後はWebアプリのみの提供になる。選択肢が狭まるものの、この変更は最終的にはユーザーに恩恵をもたらすとの声もある。それはなぜか。

2021年09月29日 05時00分 公開
[Maxim TamarovTechTarget]

 Microsoftは2019年9月、ノート型デバイス「Chromebook」向けのオフィススイート「Microsoft Office」とメールクライアント「Outlook」について、Webアプリケーションのみを提供する方針に変更した。Microsoftは、GoogleのモバイルOS「Android」向けにOfficeやOutlookのネイティブ(インストール型)アプリケーションを提供しており、従来はこれらをChromebookでも利用できるようにしていた。今回の措置により、Chromebook ユーザーはOfficeおよびOutlookのAndroidアプリケーションを利用できなくなる。

それでも「ユーザーは最終的には恩恵を受ける」と専門家が語る理由は?

ITmedia マーケティング新着記事

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。