2021年09月29日 05時00分 公開
特集/連載

「Office、OutlookのAndroidアプリがChromebookで利用不可」に専門家が歓迎の謎「最終的にはユーザーに恩恵」と専門家

「Office」と「Outlook」のAndroidアプリがChromebookでは利用できなくなり、今後はWebアプリのみの提供になる。選択肢が狭まるものの、この変更は最終的にはユーザーに恩恵をもたらすとの声もある。それはなぜか。

[Maxim Tamarov,TechTarget]

 Microsoftは2019年9月、ノート型デバイス「Chromebook」向けのオフィススイート「Microsoft Office」とメールクライアント「Outlook」について、Webアプリケーションのみを提供する方針に変更した。Microsoftは、GoogleのモバイルOS「Android」向けにOfficeやOutlookのネイティブ(インストール型)アプリケーションを提供しており、従来はこれらをChromebookでも利用できるようにしていた。今回の措置により、Chromebook ユーザーはOfficeおよびOutlookのAndroidアプリケーションを利用できなくなる。

それでも「ユーザーは最終的には恩恵を受ける」と専門家が語る理由は?

ITmedia マーケティング新着記事

news129.jpg

InstagramなどSNS向けクリエイティブをディスプレイ広告に変換 「Nova」を使う意義と効果は?
インティメート・マージャーはソーシャルディスプレイ広告の作成・配信ツール「Nova」の...

news034.jpg

2022年のWeb解析 「GA4」の本格普及でマーケターに求められるスキルセットとは?
マーケティングリーダーが押さえておくべきデジタルテクノロジーのトレンドをエキスパー...

news023.jpg

「SDGsやってます」アピールが広告代理店にこそ必要な理由
広告代理店は広告主の持続可能性対策の伝達に精通している。だが、自社についてはどうか...