2021年12月04日 05時00分 公開
特集/連載

いまさら聞けない「無線LANアクセスポイント」の基礎 一言で説明すると?無線LANアクセスポイントと無線LANルーターの違い【前編】

無線LANアクセスポイントと無線LANルーターは役割が似ていることから混同しやすい。両者はどう違うのか。まずは無線LANアクセスポイントについておさらいしよう。

[Alissa Irei, Lisa Phifer,TechTarget]

関連キーワード

無線LAN | ネットワーク | ルータ


 「無線LANアクセスポイント」と「無線LANルーター」はいずれも無線LANへの接続のために同じような役割を果たす。だが両者には明確な違いがある。

 企業は無線LANを構築するとき、無線LANアクセスポイントと無線LANルーターのどちらを選ぶべきか。それはそのネットワークの規模や用途、ネットワークに接続するユーザー数によって異なる。

 企業は無線LANルーターを無線LANアクセスポイントとして使用できる。一方で無線LANアクセスポイントを無線LANルーターとして使うことはできない。本稿は無線LANアクセスポイントと無線LANルーターの違いを整理し、自社に適した選び方のヒントを探る。

いまさら聞けない「無線LANアクセスポイント」とは

 一言で説明すると、無線LANアクセスポイントは既存の有線LANに無線LAN機能を追加するための機器だ。

 一般に、大規模な企業は複数の無線LANアクセスポイントを必要とする。無線LANアクセスポイントを分散配置することにより、広い物理空間での通信が実現する。加えてスマートフォンやタブレット、ノートPCといった大量のクライアントデバイスを無線LANに接続させることも可能になる。無線LANアクセスポイントの数が増えるほど、通信可能な範囲が拡大する。そのためユーザーは、より広い場所で無線LANを利用できるようになる。

 無線LANアクセスポイント群は、異なるネットワーク間をつなぐゲートウェイの役割を果たすルーター(無線LANルーターではない)と連動する。ルーターはLANとインターネットといった複数のネットワーク間でデータを送受信し、無線LANアクセスポイントはクライアントデバイスをLANに接続する。


 中編は、無線LANルーターの仕組みを説明する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news056.jpg

マーケターの87%がサードパーティーCookie利用規制の影響を実感――イルグルム調査
広告主はWeb広告の効果においてCookieの利用規制の影響を感じているようです。

news122.jpg

2021年ホリデーシーズンにおける米国オンライン消費額、サプライチェーン危機にもかかわらず過去最大を更新
「Adobe Digital Economy Index」によると、米国の2021年のホリデーシーズンにおけるオン...

news014.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2022年1月)
今週は、パーソナライゼーション製品の国内売れ筋TOP10を紹介します。