「5G」なんていらない――「無線LAN」さえあれば十分な“これだけの根拠”エッジで戦う「5G」と「無線LAN」【前編】

IoTの普及によって「エッジ」でのデータ処理が注目される中、通信技術として「5G」が脚光を浴びている。だが、これまで使われた無線LANが完全に5Gに置き換わるとは考えにくい。それはなぜなのか。

2021年09月18日 05時00分 公開
[Giacomo BernardiTechTarget]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)の中、企業はテレワークとオフィスワークを組み合わせた「ハイブリッドワーク」の導入やオフィス分散化を進め、新しい働き方を模索している。そうした中、データの発生源であるデバイスの近くを意味する「エッジ」でデータを処理する「エッジコンピューティング」に取り組む動きが、企業の間で広がってきた。従業員があらゆるデバイスを使い、さまざまな場所に分散して働く今の時代、企業はデータを効率よく処理・保存するための手段としてエッジコンピューティングに注目し始めている。

 エッジコンピューティングの定着の追い風になっているのは、「5G」(第5世代移動通信システム)の登場だ。特にミリ波周波数を使う高周波数帯の「ハイバンド5G」は、企業が現場で使うデバイスを高速・低遅延でインターネットに接続できるため、IT専門家の関心を集めている。現在、エッジにおける無線接続の事実上の標準となっているのが無線LANだ。無線LANが5Gに置き換わるのは、まだ何年も先になると考えられる。

 企業がエッジコンピューティングの採用に取り組む中、今後も無線LANが中心的な役割を果たす理由は「低コスト」「低消費電力」「高い信頼性」の3つだ。無線LAN技術は進化を続けており、次世代の「IEEE 802.11ax」(業界団体Wi-Fi Allianceによる表記は「Wi-Fi 6」)は大容量データの高速通信を図る。Wi-Fi AllianceによるWi-Fi 6の拡張規格である「Wi-Fi 6E」では、新たに6GHzの周波数帯で、1200MHzの帯域幅を利用できるようになる。

「無線LAN」さえあれば「5G」なんか不要な“これだけの根拠”

ITmedia マーケティング新着記事

news129.jpg

SNSアカウントのビジネス貢献を明らかにするための調査サービス テテマーチが提供
フォロワーの属性や状態を明確に把握し、彼らの態度や行動を変容させるためにSNSがどう寄...

news096.jpg

Googleの「サーチトランスフォーメーション」で広告はどう変わる?
Googleは広告主向けの年次イベント「Google Marketing Live 2024」において、広告やコマ...

news028.jpg

これからのマーケティングに関する8つの予言(無料eBook)
激動するトレンドを正しく理解することはマーケティングで成功するための第一歩。今回の...