2021年09月20日 05時00分 公開
特集/連載

“企業版TikTok”、AI、ホワイトボードアプリ――「ハイブリッドワーク」を洗練させる3大トレンド新しいオフィスと働き方を探る【後編】

今後、テレワークとオフィスワークの従業員が入り交じる働き方が当たり前になると、コミュニケーションの姿が大きく変わる可能性がある。こうした中で新しいトレンドとして注目すべき3つの技術分野とは。

[Katherine Finnell,TechTarget]

 中編「金融業が脱・オンプレミステレビ会議からの『クラウドWeb会議』移行を決めた訳」までの2回にわたり、テレワークとオフィスワークを組み合わせた働き方「ハイブリッドワーク」のトレンドを考察してきた。新しい働き方は、ユニファイドコミュニケーション(UC)の分野に新たなトレンドを生み出している。主要な3つのトレンドは「動画コミュニケーション」「人工知能(AI)技術」「ホワイトボードアプリケーション」だ。それぞれについて詳しく見ていこう。

1.「Snapchat」「TikTok」のような動画コミュニケーション

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...