“企業版TikTok”、AI、ホワイトボードアプリ――「ハイブリッドワーク」を洗練させる3大トレンド新しいオフィスと働き方を探る【後編】

今後、テレワークとオフィスワークの従業員が入り交じる働き方が当たり前になると、コミュニケーションの姿が大きく変わる可能性がある。こうした中で新しいトレンドとして注目すべき3つの技術分野とは。

2021年09月20日 05時00分 公開
[Katherine FinnellTechTarget]

 中編「金融業が脱・オンプレミステレビ会議からの『クラウドWeb会議』移行を決めた訳」までの2回にわたり、テレワークとオフィスワークを組み合わせた働き方「ハイブリッドワーク」のトレンドを考察してきた。新しい働き方は、ユニファイドコミュニケーション(UC)の分野に新たなトレンドを生み出している。主要な3つのトレンドは「動画コミュニケーション」「人工知能(AI)技術」「ホワイトボードアプリケーション」だ。それぞれについて詳しく見ていこう。

1.「Snapchat」「TikTok」のような動画コミュニケーション

ITmedia マーケティング新着記事

news183.jpg

TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求...

news145.jpg

3D空間メディアのマーケティング効果を測る新指標「ブランドイマーシブタイム」とは?
電通と電通グループ、電通デジタルは、3D空間メディアが与えるマーケティング効果を測る...

news098.jpg

米炭酸飲料市場2位に躍進――ドクターペッパーがペプシ超えを成し遂げたすごいマーケティング【前編】
140年の歴史を持つ炭酸飲料ブランドのDr Pepperは、いかにして米国でナンバー2のソフトド...