2021年09月17日 05時00分 公開
特集/連載

約300億円の光熱費を削減 AWS活用企業の「データ駆動型省エネ策」とは?二酸化炭素排出量の削減に「AWS」を生かす【前編】

Carbon Lighthouseは、二酸化炭素排出量を削減しながら光熱費を節約できるよう、商業用不動産の所有者を支援する。同社の事業の鍵となっているのが、不動産から得られるセンサーデータのリアルタイム分析だ。

[Eric Avidon,TechTarget]

 サンフランシスコを拠点とし、環境保護に関する事業を手掛けるCarbon Lighthouseは、Amazon Web Services(AWS)のデータ分析システムを利用して、気候変動と戦っている。Carbon Lighthouseは商工業ビルが生み出す二酸化炭素排出量を削減し、気候変動を防止することを使命として2009年に設立された。同社は省エネルギーの支援サービスを提供している。商工業ビルの所有者はCarbon Lighthouseのサービスを利用することで、エネルギーの消費量とエネルギー消費に伴う二酸化炭素排出量を減らしやすくなる。

 米国の環境保護庁によると、米国の二酸化炭素排出量は、輸送よりも商業不動産や工業不動産、住宅不動産の運営の方が大きい割合を占めている。輸送が占める二酸化炭素排出量の割合は全体の29%にすぎない。これに対し商業不動産と工業不動産、住宅不動産に農業を加えた割合は合わせて68%にもなる。

「光熱費約300億円削減」の仕組みとは 鍵は「センサーデータ」

 Carbon Lighthouseで代表兼製品責任者を務めるブレンデン・ミルスタイン氏によると、同社は現在までに、18カ所の発電所が生み出すエネルギーに相当する26万メートルトンの二酸化炭素排出量を削減すると同時に、同社の顧客企業に2億5000万ドル(約270億円)の光熱費削減をもたらしている。二酸化炭素排出量とコストの削減を同時に実現するには、データ分析が鍵となる。

 二酸化炭素排出量の削減方法と、その結果得られるコスト削減効果を計算するためにCarbon Lighthouseが開発したのが、「CLUES」(Carbon Lighthouse Unified Engineering System)というデータ分析ソフトウェアだ。CLUESは顧客企業の不動産に取り付けたセンサー(エッジ)から気温やエネルギーの利用状況などのデータをリアルタイムに収集し、1億平方フィート(約930万平方メートル)を超える顧客企業の商業用不動産や工業用不動産を分析する。データの収集には拡張知能技術を、洞察の提供には機械学習技術を使用する。


 Carbon LighthouseはCLUESの構築にAWSのクラウドサービス群を利用している。中編はCLUESの特徴を説明する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news046.jpg

Ziplocの「下味冷凍」プロジェクトに学ぶ“ピンチをチャンスに変える”マーケティング
コロナ禍で大きく変わった生活者の動向とメディアニーズ。変化に対して俊敏に対応した成...

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。