サービス中断とどうバランスを取るか
クラウド移行時のバックアップと運用監視、確実に実施するために何が必要?
どうすればバックアップや運用監視などの課題を確実にクリアしてオンプレミスからパブリッククラウドに移行できるのだろうか。それぞれのポイントを解説する。(2021/7/28)

実績ある相談相手のヒント
「リフト&シフト」で仮想化環境ごとパブリッククラウド移行、一体どうすべき?
クラウド移行時に仮想化環境をうまく「リフト&シフト」するためには何が必要なのだろうか。特に仮想化環境の「リフト」は思ったほど簡単ではない。考えられる選択肢を解説しよう。(2021/7/28)

メリット/デメリットを考える
コンテナ実行環境として最適なのはベアメタルか仮想化環境か
コンテナを実行する環境として、ベアメタルと仮想化環境が考えられる。当然ながらどちらにもメリットとデメリットがある。自社が重視すべき要件は何か。(2021/7/28)

テレワークで変わる企業のセキュリティ【第2回】
「ゼロトラストセキュリティ」はなぜ必要か? “急造テレワーク”問題の解決策
新型コロナウイルス感染症の影響で急きょテレワークを導入した企業は、顕在化した課題の解決策として「ゼロトラストセキュリティ」に目を向けているという。それはなぜなのか。(2021/7/26)

コンテナ基盤をSaaSモデルで容易にエッジ展開
エッジコンピューティング最前線、アプリ配布やセキュリティを一元管理する方法
エッジコンピューティングをより一層活用しようとすると、さまざまな課題が噴出する。デバイス管理やネットワーク、セキュリティ、アプリケーション配布などの運用が難しくなるからだ。効率的な運用管理を実現するにはどうしたらよいのか。(2021/7/26)

「Green Project」から始まった歴史を振り返る
「Java」が「Windows」でも「macOS」でも動く“歴史的理由”と“技術的理由”
「Java」プログラムはOSに関係なく動作する。開発元のSun Microsystemsは何を意図して、Javaをこうした設計のプログラミング言語にしたのか。その理由と仕組みを解説する。(2021/7/24)

見極めよう、4つの「AIキャリアパス」の違い【前編】
数学のプロが「データサイエンティスト」になれるとは限らない“当然の理由”
AI技術を扱う人材の需要は飛躍的に高まっている。そもそもそうした「AI人材」にはどのような仕事があるのか。キャリアを築く上でのポイントは何か。(2021/7/20)

「端末と関連IT環境の構築・運用管理」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/7/20)

「リモート印刷」の6つのトラブルシューティング【中編】
「リモート印刷ができない」を解消する「VPN設定変更」「IPアドレス接続」とは
リモート印刷が正常に機能しない場合は、順に問題を突き止めることが肝心だ。問題解決につながる可能性が高い2つの方法を紹介する。(2021/7/16)

開発者とインフラ管理者で異なる意識を技術でつなぐ
コンテナが「欲しい」開発者と「怖い」インフラ管理者の溝を埋めるには
変化の激しい時代に即応できる開発環境としてコンテナが注目を集める。しかし学習コストやインフラ管理の課題から導入が難しい例があるという。本番環境でコンテナを活用して迅速なアプリ開発を可能にするために、何をすべきか。(2021/7/16)

国税庁OBの税理士が解説
知っておきたい「電子帳簿保存法」大改正と今からでも間に合う対処法
2022年1月から施行される改正電子帳簿保存法によって、企業規模を問わずにバックオフィス業務のデジタル化が進む見込みだ。専門家によれば、IT部門の効果的な対応によって短期間でも将来にわたる有効な体制を構築できるという。(2021/7/15)

衰退の危機にある実力派プログラミング言語5選【中編】
終わりに向かう旧「Visual Basic」がいまだに人気の“謎”
実力があり、根強いファンがいるにもかかわらず、衰退の危機にあるプログラミング言語は幾つかある。その中から「Haskell」やバージョン6.0以前の「Visual Basic」を取り上げる。(2021/7/11)

「テレワーク」のリスクと対策
SaaSで実現するウィズコロナ時代のエンドポイントのセキュリティ管理とは
ウィズコロナ時代において、企業はテレワークの環境整備を急速に進める中でさまざまな問題に直面する。特に難しいのがエンドポイントのセキュリティ対策だ。シンプルでありながら万全のセキュリティ対策を講じる方法とは。(2021/7/13)

「Web会議疲れ」を解消するための3ステップ【前編】
「Web会議疲れ」を引き起こす“真犯人”とは? 回数か、内容か、それとも……
従業員の「Web会議疲れ」を課題視する企業がある。Web会議疲れを解消するためには、まず従業員がWeb会議の何に疲れているのかを把握する必要がある。(2021/7/8)

効率的に蓄積、保護、活用するために
経営層に贈る「データマネジメントの要件」と、今すぐ実装する方法
「データの蓄積、保護、活用の在り方が企業の命運を分かつ」ことは広く認識されながら、いまだ課題を抱える企業は多い。データ利活用の分野で多数の支援実績を持つベンダー3社の経営トップに「積年の課題」を解決するポイントを聞いた。(2021/7/9)

「ハイブリッド会議」のベストプラクティス5選【後編】
「Web会議疲れ」を企業の3割以上が課題視 その解決策は?
テレワークとオフィスワークの従業員が同時に参加する「ハイブリッド会議」は、今後当たり前のスタイルになる可能性がある。「Web会議疲れ」対策など、ハイブリッド会議をスムーズに進めるための方法を紹介する。(2021/7/6)

「Microsoft 365のバックアップ環境」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/7/6)

オンプレミスとクラウド、その活用割合は?
「ITインフラの運用環境」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/7/5)

テレワーク環境における営業活動に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で5名様にAmazonギフト券3000円分をプレゼント。(2021/7/1)

セキュリティ人材不足に「自動化」で対処
DX時代のゼロトラストセキュリティ、今から考えたい「運用の効率化」
ゼロトラストセキュリティの実現に向けて、アクセス制御や認証、エンドポイント、ネットワークなどの運用を管理しようと思うと膨大な業務が発生する。セキュリティ人材の確保が難しい中、脅威検出から対処までを効率化する秘策は。(2021/7/1)

サイロ化したインフラを全て守れるのか
働き方の多様化とともに拡大するインフラに適した「新しいセキュリティの形」
働き方もシステムも多様化し、サイバー攻撃のターゲットとなる領域が広がる中、これらの環境に適したセキュリティ対策はどう実現すべきか。(2021/7/1)

AI時代を支えるNVIDIA【前編】
GPUベンダーから“AIの会社”に変貌 NVIDIAの歴史とこれから
GPU市場を深耕してきたNVIDIAは、AI技術分野で勢力を拡大しようとしている。同社がGPUの用途を開拓してきた歴史を振り返るとともに、今後の方向性を考える。(2021/7/6)

運用開始後に起きるトラブルをどう防ぐか
「マスターOS」がVDI/DaaS活用の成否を分ける――成功のためのポイントとは
働く環境や場所の制約を受けない働き方を実現するために注目が集まるVDI/DaaS。だが、理解が浅いまま進めてしまうと運用開始後のトラブルにつながるリスクがあるという。一体どうすればよいのか。(2021/6/29)

クラウドニュースフラッシュ
LIXILが「AWS」でも「Azure」でもなく「GCP」を選んだ“あの理由”
北國銀行における「Microsoft Azure」導入の事例やLIXILの「Google Cloud Platform」採用など、クラウドに関するニュースを6つ紹介する。(2021/6/30)

「無線LAN・ネットワーク環境」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券(5000円分)をプレゼント。(2021/6/29)

GoogleとDeloitteが語る「コロナ禍の企業活動」3つのトレンド【後編】
テレワークかオフィス勤務か? GoogleとDeloitteが考える「これからの働き方」
パンデミックを経て、企業やその従業員はどのような働き方を選ぶようになるのか。GoogleとDeloitte Consultingの見解を聞く。(2021/6/30)

私物スマートフォンを「鍵」にする
オフィス再開後に“非接触会議室”を作るなら考えたい「BYOD」3つの用途
オフィス勤務を再開してもソーシャルディスタンスの確保がまだ必要ならば、会議室の在り方を見直す必要がある。非接触型の会議室を構築する際、重要な役割を果たすのは私物スマートフォンだ。その理由は。(2021/6/29)

「ハイブリッド会議」のベストプラクティス5選【前編】
Web会議に満足できない人こそ「ホワイトボードアプリ」を使うべき理由
新型コロナウイルス感染症の影響で会議の形態は大きな変化を強いられた。今後はテレワーク従業員とオフィスワーク従業員が同時に参加する「ハイブリッド会議」の手法を模索する必要がある。その方法とは。(2021/6/29)

自ら学び、成長する人材を育成する
自ら学び続ける社員が育つ「10分間」を提供 リーディングプラットフォームとは
良質な情報のインプットは、ビジネス人材の成長に欠かせない。年間数千冊も発行されるビジネス書籍から名著を厳選し、内容を要約して発信する企業向けサービスがある。法人単位の契約が進む背景と、自ら学ぶ人材が育つ理由を聞いた。(2021/7/8)

TechTarget発 世界のITニュース
MicrosoftがTeamsアプリの開発ツール群を提供 ユーザー数は増加するのか?
Microsoftは「Teams」の魅力を高めてユーザーを増やすために、Teams用アプリケーションの開発を支援するツール群を投入する。開発者にとって何が変わるのか。(2021/7/22)

端末管理とVPN、セキュリティに課題あり
テレワークの使い勝手や管理を改善するには「デジタルワークスペース」が向く
テレワーク業務が問題なく進められることを体感した企業の間では、次に必要な「デジタルワークスペース」の検討や取り組みが始まっている。2020年4月にデジタルワークスペースを導入し、価値を体感したという担当者に話を聞いた。(2021/6/24)

コロナ収束後の採用市場はどう変わるか【前編】
「テレワーク許可」の企業が「完全オフィス出社」に戻すと離職率が上がる?
新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより、テレワークの導入が拡大した。パンデミックの収束後、企業がテレワークを廃止したらどうなるのだろうか。(2021/6/21)

Computer Weekly日本語版
IBM、Microsoft、AWSの量子コンピューティングサービス
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2021/6/21)

「サーバ仮想化」「コンテナ」の基礎知識【後編】
「コンテナ」は「サーバ仮想化」と何が違うのか? どちらを選べばよいのか
ワークロード実行環境として「コンテナ」の採用が広がりつつある。コンテナとサーバ仮想化の違いは何か。どちらの技術を採用すべきかを考えるときのポイントとは。(2021/6/18)

快適な在宅ワークのためのPCとは
在宅ワークの生産性が上がる 今選ぶべきPCの要件とは
テレワークへの急激なシフトを背景に、従業員からPCに対する不満の声が上がるようになった。在宅ワークでも快適に業務を遂行するには、どのようなPCを選ぶべきか。選定ポイントを確認したい。(2021/6/23)

クラウドにまつわる懸念はこれで解消
人材不足、運用、セキュリティ対策――クラウド導入の課題を解決するには
DX実現に向けた企業のクラウド活用が進んでいる。だが、人材不足や運用、セキュリティへの懸念で、いまだにクラウド移行をためらっている企業もあるだろう。そうした企業がスムーズなクラウド移行を実現するにはどうすればよいのか。(2021/6/24)

競争を勝ち抜くアイデアはこうして創造せよ
ビジネスに新価値をもたらすアイデアの創出策 レッドハットがアイデアソン開催
競争の激しいビジネス環境を企業が勝ち抜くには、新たな価値をもたらす「アイデア」が必要だ。だが、そう簡単に斬新なアイデアは生み出せるものではない。そこで、多くの人がアイデアを出し合い、共有しようというイベントが開催された。(2021/6/21)

ゼロトラストセキュリティの実現を見据え
テレワークやクラウドシフトで変わるエンドポイントセキュリティ対策とは
企業への導入が拡大する「テレワーク」には多くの利点がある。だが、管理者には、これまで目の届く範囲にあったPCをはじめとするエンドポイントの管理が難しくなる課題をもたらした。この課題に対する抜本的な解決策はあるのか。(2021/6/14)

コミュニケーションツールを複数併用する際のチップス【中編】
コミュニケーションツールを1つにしたい人、自由に選びたい人、それぞれの事情
複数のコミュニケーションツールを使い分けるにせよ、統一するにせよ、どちらにも運用管理の限界がある。IT部門と従業員で優先したいニーズが異なる中、ツールの利用方針をどう立てればよいのか。(2021/6/9)

クラウドの手軽さとオンプレミスの安心を両立
「オンプレかクラウドか」はもう古い――プロが解説する第三の選択肢
ITインフラの導入は、オンプレミスかクラウドかという二者択一でなく第三の道が必要だ。オンプレミスの信頼性を持ちながら初期投資を抑えて柔軟に拡張でき、月額固定や従量課金制でコストを最適化し、シンプルに運用できるITインフラとは。(2021/6/30)

恒常化に向けた新たな一手
「PC持ち出し+VPN」はもう限界? テレワークの急拡大にどう適応するか
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的流行の中で社会的な要請が一気に高まったのが、ITを活用して業務を進めるテレワークの実施だ。しかし、VPNを用いたテレワークでは課題が噴出している。どうすればいいのか。(2021/6/15)

「SD-WAN」の基本から活用例まで【第3回】
「SD-WAN」によるコスト削減方法とは? 40%の大幅削減例も
「SD-WAN」のメリットはローカルブレークアウトによる負荷分散だけではない。導入の仕方によっては「コスト削減」も可能だ。どのような場合にコスト削減が可能になるのか。(2021/6/16)

日本ヒューレット・パッカード合同会社提供ホワイトペーパー
コスパ重視で逆にコストが増大? 事例で学ぶストレージ選びの落とし穴と回避策
コストはストレージ選定のポイントの1つだが、それのみに着目すると思わぬ落とし穴に陥る場合もある。物理サーバやストレージのダウンタイムを解消すべくストレージを刷新したABC Photosignsの事例を基に、IT資産を合理化する秘訣を探る。(2021/6/7)

日本ヒューレット・パッカード合同会社提供ホワイトペーパー
シンクライアント基盤が老朽化、室蘭市が採用した省スペースの解決策とは
北海道の中核都市の1つである室蘭市では、小中学校のPC授業にシンクライアントを導入し、運用の効率化に取り組んできた。しかし、基盤の老朽化により、ログインできない、レスポンスが遅いという問題が顕在化していたという。(2021/6/7)

日本ヒューレット・パッカード合同会社提供ホワイトペーパー
AIとコンテナ技術で研究開発を迅速化、大同特殊鋼を支えるプラットフォーム
素材開発分野でマテリアルズインフォマティクスが注目されている。高機能化の要求が高まる中、メーカーとしては研究開発プロセスの迅速化や検査精度の強化が重要なテーマとなる。本資料で紹介する取り組み事例が参考になるだろう。(2021/6/7)

幾つ使い分けられる?
その変数は「パスカルケース」「キャメルケース」「スネークケース」「ケバブケース」のどれなのか? 命名規則の違い
開発者は変数の基本的な命名規則を知っておく必要がある。主要な命名規則である「パスカルケース」「キャメルケース」「スネークケース」「ケバブケース」の違いを理解しよう。(2021/6/5)

今から準備できるゼロトラストへの第一歩
ニューノーマル時代だからこそ見直したいセキュリティ ゼロトラスト実現の鍵は
オフィス内外にデバイスやエンドユーザーが散らばる状況では、境界を防御する従来のセキュリティ対策は通用しない。そこで注目を集める「ゼロトラストセキュリティ」とはどのようなもので、どうすれば導入できるのか。詳しく解説しよう。(2021/6/2)

「Webex」「Yammer」などを採用
Fordがテレワーク導入後も「オフィス勤務」を大切にし続ける理由
Ford Motorはテレワークとオフィスワークの両方を取り入れた、ハイブリッドな勤務体系を導入する。テレワークだけ、オフィスワークだけに絞らず、なぜ両者を組み合わせるのか。(2021/6/2)

日本ヒューレット・パッカード合同会社提供ホワイトペーパー
IDC調査レポートで見えた、現代の企業に最適な「ITインフラ」の形
企業を取り巻く環境が急速に変化し、デジタルトランスフォーメーションが加速する昨今。それに伴い、企業のITインフラへのニーズも変化し始めている。IDCの調査結果をもとに、現代の企業に最適なITインフラの形を明らかにする。(2021/6/2)

日本ヒューレット・パッカード合同会社提供ホワイトペーパー
アプリのデリバリーサイクルを高速化、「クラウドネイティブ」で変わる手法とは
近年では、クラウドネイティブアプリケーションの迅速な開発サイクルによる継続的イノベーションが求められている。しかし、その実現には、開発や管理の方法を変化させる必要がある。本資料では、その指針を解説する。(2021/6/2)