独自構築か商用製品か、どの商用製品か
後悔しないKubernetesプラットフォームの選び方
コンテナ運用にKubernetesは不可欠だが、Kubernetes環境の構築は難易度が高い。そしてKubernetesだけでは足りない。他のツールも必要だ。困難な独自構築を試みるか、商用製品を購入するか。検討のポイントとは?(2021/4/21)

南極調査船のストレージシステム【後編】
南極調査船が「テープ」を選んだ理由と、極寒の南極で「過熱」が問題になる理由
南極調査船は過酷な環境下で航行するため、船内で運用するストレージシステムも特別な要件を満たさなければならない。どのようなストレージシステムを採用し、どう運用するのか。(2021/4/20)

Bluescape、Klaxoon、Microsoft、Miro、MURALなどが参入
Zoom、Teamsユーザーが「ホワイトボードアプリ」を使いたくなる“納得の理由”
Web会議で直接PC画面に書き込み、メモや図式を遠隔から共有できるホワイトボードアプリケーションが急速に普及している。場所を問わずに働く時代の新しい情報伝達ツールとして市民権を得つつある。現状を追った。(2021/4/19)

パロアルトネットワークス株式会社提供ホワイトペーパー
WAN環境の課題を一挙に改善できるSD-WAN、導入企業に実際のメリットを聞いた
複数の拠点を抱える企業にとって、WANの帯域幅不足やコスト増は大きな問題だ。その解決策として期待されるSD-WANは、どれほどの効果があるのだろうか。導入企業を調査したところ、問題解決にとどまらないメリットが見えてきた。(2021/4/19)

不動産市場で進むアナリティクスの活用【後編】
「不動産テック」がもたらす“脱・百貨店ビジネス”とコロナ時代のオフィス
コロナ禍やEコマースへのシフトで小売店舗の在り方が問われている。ピンチをチャンスに変えるための鍵となるのが、アナリティクスの活用だ。(2021/4/16)

Nutanix Xi Frame導入事例
グラフィックワークステーションレベルの仮想デスクトップを実現
ロバート・ゴードン大学は、GPUを使うアプリケーションを学生に提供するために「Xi Frame」による仮想デスクトップを展開した。Xi Frameを採用した決め手とは何か。(2021/4/16)

工場セキュリティ
「手つかず」で大丈夫?「現地現物」のリモート化を支える工場セキュリティ
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、製造現場でもリモート対応が加速している。工場のリモート化を考える上で同時に考えなければならないのが、セキュリティ環境だ。(2021/4/14)

「HCI」×「Kubernetes」の主要製品【第3回】
Nutanix、Red Hat、NetAppの「HCI×Kubernetes」は? マルチクラウドも視野
「Kubernetes」がさまざまなHCI(ハイパーコンバージドインフラ)製品で利用できるようになってきた。本稿はNutanix、Red Hat、NetAppの取り組みを紹介する。(2021/4/14)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
クラウド上に散在するワークロード、一貫したデータ保護をどう実現するか
データ駆動型組織への変革を図る企業にとって、インフラ刷新は喫緊の課題といえる。中でも重要視されているのが、多様なクラウド環境に分散するワークロードや、コンテナベースのアプリケーションに対応するデータ保護プラットフォームだ。(2021/4/13)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
アプリ性能を約6割改善、IDCの調査で見えたHCIの具体的なベネフィットとは?
ITトランスフォーメーションのボトルネックとなっている、サイロ化したデータセンターインフラ。その構造的問題を解決するとして注目されているのが、CI/HCIだ。調査結果を基に、性能改善やコスト削減といった効果の実態を解説する。(2021/4/13)

パロアルトネットワークス株式会社提供ホワイトペーパー
レガシーSD-WANに現代ニーズとの明らかなギャップ、次世代化の基準は何?
COVID-19の流行拡大によりSD-WANへの関心の高まりに一層拍車が掛かることとなった。ただ、SD-WAN自体は利用され始めて10年近くが経過しており、現在のニーズとのギャップも生じている。その解消につながる次世代SD-WANの要件とは何か。(2021/4/19)

コロナ禍のランサムウェア対策、医療機関はどうすべきか【後編】
パンデミックとサイバー攻撃の集中砲火にさらされる医療機関に必要な対策とは
コロナ禍の影響で、医療機関のセキュリティ対策は脆弱な状態だ。その上テレワークやオンライン診療に伴う新たなセキュリティ課題もある。いま特に必要なセキュリティ対策は何か。(2021/4/13)

失敗しない「ERP」導入のポイント
「ERP」の要件分析から巻き込むべき“4人のキーパーソン”とは?
自社に適したERPシステムを選定・導入するには、しかるべき利害関係者を巻き込むことが重要だ。誰を巻き込めばよいのか。(2021/4/12)

NEWS
NTTデータ、鉄道業界向けERPを提供 多角化経営に特有の財務管理の課題を解決
NTTデータは、鉄道事業者向けのERP「Biz∫(ビズインテグラル)鉄道ソリューション」を提供する。ホテルや百貨店など多岐にわたって事業展開する鉄道業界ならではの課題や規則に特化した機能を搭載している。(2021/4/9)

NEWS
PwC Japan、AIとVR技術を利用した不動産仲介システムを提供
中古住宅の買い手が見つからない「空き家問題」の解決に向け、PwC Japanグループはバーチャル空間で中古住宅のリフォームを試行できるツールを搭載したシステムを提供。不動産売買マッチングの精度向上を目指す。(2021/4/9)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
ハイブリッドクラウド環境でのワークロード配置を最適化する、ストレージ選定術
DXの取り組みの多くはいまだ途上にあり、クラウドが主体となり広範かつ複雑になったインフラの中で、多様なワークロードの配置をいかに最適化するかが課題となっている。この解消に向け、多くの組織はストレージの刷新を検討している。(2021/4/9)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
自社の管理能力を超えて拡大するクラウド環境、中堅企業調査から見えた改善策は
2011年からの8年間で、パブリッククラウドを活用している企業の割合は約4倍に増加した。ただ、ハイブリッド化のような環境の複雑化も進んでいる。そこで中堅企業を対象に、クラウド管理環境を合理化するメリットを調査した。(2021/4/9)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
中堅企業がDXで勝ち抜く鍵、調査で見えたハイブリッドクラウド戦略推進のヒント
DXの推進に欠かせない、インフラのモダナイゼーション。その中で特に中堅企業が注目しているのがハイブリッドクラウド環境の構築だが、そこではワークロードの適切な配置と、それを実現するためのインフラの選定が重要になってくる。(2021/4/9)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
従業員エクスペリエンスを向上させるIT部門の役割とは? 先端テック導入の勘所
中規模企業が優れた人材を採用し、維持するためには、先端テクノロジーを積極的に取り入れ、従業員エクスペリエンス向上に努める必要がある。この取り組みにおいて、これまでサポートに徹してきたIT部門が果たす役割について考察する。(2021/4/9)

もっと、セキュリティはシンプルでいい:
SASEを取り入れた次世代ファイアウォール 企業のゼロトラスト戦略を支援
「境界型セキュリティ」から「ゼロトラストセキュリティ」への移行を進める際には、エンドポイントだけでなく、ユーザーやデバイス、アプリケーションごとに最適化したネットワークセキュリティデザインの検討が必要だ。そのポイントとは。(2021/4/12)

不動産市場で進むアナリティクスの活用【中編】
不動産テック(PropTech)は「コロナ禍でも使われるオフィス」を生み出せるか
「不動産テック」(PropTech)は商用スペースの開発と建築において重要な役割を果たす。建物の環境負荷軽減や有効活用のために、不動産開発会社はどのようにデータを活用しているのか。先進事例に学ぶ。(2021/4/8)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
仮想化技術をさらに活用するために、ストレージに求められるvSphere統合機能
仮想化アプリケーションが幅広く活用される中、ストレージには単に仮想化機能をサポートするだけでなく、VMware vSphereのような主要な仮想化テクノロジーとの統合機能が求められる。次世代ストレージはこのニーズにどう対応しているのか。(2021/4/8)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
次世代ストレージのパフォーマンスを最大化、具体的な設定や推奨事項を解説
次世代ストレージは、そもそも高いパフォーマンスとシームレスな自動化機能を提供してくれるが、そのベストプラクティスを学ぶことで性能を最大限に引き出すことができる。一般的なユースケースにおける推奨事項を把握しておこう。(2021/4/8)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
ローカルデータ保護をシンプルかつ効果的に実現する「スナップショット」活用法
スナップショットは、バックアップやDR対策に向かないという指摘は正しい。ただ、その理由を理解した上で利用するなら、最もシンプルで効果的なデータ保護の手段になる。定番ストレージの機能を例に、スナップショットの活用法を紹介する。(2021/4/8)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
データへの常時アクセスを安全に、次世代ストレージに見る可用性の実態とは?
データへ常時アクセスできる環境を整えることは、事業の滞りや収益損失を回避するために不可欠になりつつある。そこで注目したいのが、ハードウェア/ソフトウェアの両方で、全コンポーネントにわたる冗長性を備えた次世代ストレージだ。(2021/4/8)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
主要都市間でも性能低下なし、RPO/RTOゼロの同期レプリケーションを実現する
データの重要性が高まった現在、その可用性はビジネス継続性の担保に欠かせない。RPO/RTOをゼロにし、災害でも障害でも止まらないデータ環境を構築するため、アクティブ/アクティブな同期レプリケーションに取り組みたい。(2021/4/8)

突貫工事のテレワークで見えた“穴”の埋め方
“いきなり完璧”を目指さない、既存インフラに寄り添う「ゼロトラスト」とは?
テレワークの拡大に伴い、シャドーITの増加やVPN機器の負荷増大、通信路の圧迫など、各企業にさまざまな痛みが生じている。それらの解決を図り、徐々にゼロトラストセキュリティに移行する現実的な方法とは。(2021/4/8)

NEWS
生産現場の見える化で異常をすぐ検知、オムロン阿蘇が生産データ分析を自動化
オムロン阿蘇は日本オラクルのデータ活用技術を駆使し、生産データ分析システムを構築した。分析の自動化で人的ミスを防ぎ、生産ラインの安定した稼働を目指す。在宅でも現場状況の把握を可能にした。(2021/4/7)

働き方の変化に合わせてデータ共有の進化を
ニューノーマル時代のファイルサーバはクラウドとオンプレの「いいとこ取り」で
データ共有の方法は、従業員の働き方に合わせて見直すべきだ。オンプレミスのファイルサーバを使い続けるのもクラウド移行も一長一短があるが、両者のメリットを「いいとこ取り」する方法があるという。PayPay銀行も採用した手法とは。(2021/4/12)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
国内ユーザー企業調査で見えたハイブリッド化の流れ、難所は「ストレージ」
国内企業を調査したところ、インフラに占めるクラウド環境の割合は大きく増加し、中でもハイブリッド化を模索する機運の高まりが明らかになった。しかしハイブリッド化の難所となるのがストレージだ。どんな解決策が考えられるのだろうか。(2021/4/8)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
「99.9999%」だけでは不十分? 永続的な可用性を実現する真のストレージ要件
99.9999%の可用性をうたうストレージは少なくないが、一定期間中にシステムが動作する確率だけでは、クリティカルなアプリケーション環境においては不十分なこともある。永続的なデータの可用性を実現する、ストレージの真の要件とは?(2021/4/8)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
定番ストレージで確認するデータ移行手段、新基盤の立ち上げは楽になるのか?
ストレージのリプレースにおいて、新基盤へいかに円滑にデータを移行できるかは常に付きまとう課題であり、選定を左右するポイントにもなる。定番ストレージ製品を例に、移行に関する重要テクノロジーを把握しておきたい。(2021/4/8)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
データ保護でDR対策、「データレプリケーション」を円滑にするストレージ要件
データの保護とともに、データの可用性をビジネスの目標とした場合、達成にはレプリケーションソリューションが欠かせない。しかし、その管理には負担を伴うだけに最新テクノロジーを駆使し、いかに円滑化するかが大きな課題となっている。(2021/4/8)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
コンテナや機械学習でデータ活用はどう変わる? 次世代型ストレージ基盤の実力
データの複雑性と規模の増大により、ストレージシステムには、信頼性やコスト効率、データ削減など、多様かつ高度な要件が求められるようになった。その中で注目される、コンテナや機械学習を採用した、次世代型のストレージ基盤とは?(2021/4/8)

コンテナネットワークの基礎知識【第7回】
Red Hat、VMware、Ciscoの「商用Kubernetes」とは? それぞれの違いは
オンプレミスインフラ向け製品を手掛けてきた主要ベンダー各社は、さまざまなアプローチで「Kubernetes」を自社製品に取り込んでいます。Red Hat、VMware、Cisco Systemsの取り組みを紹介します。(2021/4/21)

企業文化変革に効くコミュニケーションツール【前編】
コロナ禍の企業文化は「ダイバーシティー&インクルージョン」の視点で醸成する
パンデミックに伴いテレワークが当たり前になった今、企業文化にも変化の必要性が生じている。企業は自社の企業文化をどのように見直せばよいのか。鍵となるのが「ダイバーシティー&インクルージョン」の視点だ。(2021/4/5)

プログラミングを変えた「Java」の歴史【後編】
「Java」を“偉大な言語”にした3つの画期的要素
「Java」の進化はアプリケーション開発に大きな影響を与えてきた。Javaの企業向け仕様群「Java EE」の豊富な要素のうち、特に画期的だった3つの要素を振り返る。(2021/4/4)

「CloudEndure Disaster Recovery」「Azure Site Recovery」を比較する【中編】
AWS「CloudEndure」と「Azure Site Recovery」 2大DRaaSの似た機能、違う機能
AWSとMicrosoftはそれぞれ、災害対策用のインフラをクラウドサービスに構築できる「DRaaS」を提供している。それぞれのDRaaSはどのような機能があるのか。(2021/4/2)

「テレワーク×オフィス勤務」に必要なIT【前編】
「Web会議」を自宅でも、オフィスでも快適にする方法とは?
テレワークとオフィス勤務の混在が当たり前になると、従業員が働く場所を問わず、どこで仕事をしていても生産性を維持できるようにする必要がある。具体的に何をすればよいのか。Web会議を軸に考察する。(2021/4/2)

IT投資ロードマップの見直しに効く3ステップ【前編】
「IT投資ロードマップ再検討」に失敗しないための“最初の一歩”
ビジネスリーダーはIT投資ロードマップを再評価して、現在の成長状況と一致しているかどうかを確認する必要がある。その手始めとして、何から始めればよいのか。(2021/4/2)

なぜ両方必要? EDRとNDR
ゼロトラストセキュリティに向けた、エンドポイントとネットワークのアプローチ
IT環境の変化やデジタル化に伴い、既存のデータセンター境界線型の対策から脱却し、ゼロトラストセキュリティを検討する動きが続いている。重要なポイントは、エンドポイントの健全性とネットワークの視点も加えた多面的な現状把握だ。(2021/4/13)

不動産市場で進むアナリティクスの活用【前編】
「不動産テック」(PropTech)が急成長する理由と、避けられない問題
不動産分野では投資から再開発に至るまで、データが成長の原動力になり得る。こうした変化をリードし続けるとみられるのが「不動産テック」だ。ただしそのメリットを引き出すためには、解決が必要な問題がある。(2021/4/1)

「HCI」×「Kubernetes」の主要製品【第2回】
「HCI」を「Kubernetes」でクラウドネイティブ化 VMwareとCiscoの動きは?
コンテナオーケストレーションツール「Kubernetes」をHCI(ハイパーコンバージドインフラ)に組み合わせる動きが広がっている。まずはVMwareとCisco Systemsの取り組みを紹介する。(2021/4/1)

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社提供ホワイトペーパー:
中小企業を悩ますデータ保護、シンプルに多様なニーズに対応するには?
中小企業や大企業のブランチオフィスにおいてニーズが高まっているのが、多機能なデータ保護ソリューションだ。複雑な環境でもシンプルに導入・運用でき、低コストにデータを保護できる製品が求められている。その一例を紹介する。(2021/4/1)

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社提供ホワイトペーパー:
DR対策とデータ長期保存をクラウド対応へ、バックアップ装置にいま必要な機能は
DR対策とデータの長期保存を容易に実現できるとして、クラウドをバックアップ先に選ぶ企業が増えているが、一方でそれにより、サイロ化や管理の複雑化など新たな課題に悩まされるケースも少なくない。これを解決するアプライアンスとは?(2021/4/1)

テレワーク環境における営業活動に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で5名様にAmazonギフト券3000円分をプレゼント。(2021/4/1)

ネットワーク環境の課題に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/4/1)

障害予兆検知でIT管理者の工数削減
Windows 10時代の次世代保守サポート、一人情シスの新しい選択肢になるか
Windows 10の移行やテレワークの普及によって、従業員のクライアントPC保守やサポートに関するIT管理者の負荷が高まっている。IT管理の負荷軽減、作業効率化のために何ができるのだろうか。(2021/3/31)

競争力を高めるクラウド時代のビジネスモデル
「クラウド」「テレワーク」でのデータ保護に悩むユーザー企業 どう支援する?
クラウドサービスやテレワークの浸透によって、管理対象のデータやPCが社内外に点在する環境が生まれている。これはSIerがユーザー企業のシステムのセキュリティを確保する上で大きな課題だ。これを解消し、管理を一元化する方法とは。(2021/3/29)

ガバナンス強化だけの特権ID管理は時代遅れ
DX時代の新たなニーズを捉えた「次世代型」の特権ID管理製品とは
今や特権ID管理製品はガバナンス強化のためだけのものではない。システムが多様化し、管理の考え方やリスクが変化する時代に突入しているためだ。DXがますます加速する時代を見据え「これから」の特権ID管理を考えた次世代型の製品とは。(2021/3/26)