2019年06月06日 05時00分 公開
特集/連載

AWS、Microsoft、Googleの主要な「クラウドAIサービス」は? 4大用途で整理APIを使って簡単に実装できる

AWSとMicrosoft、Googleのクラウドベンダー3社は、さまざまな用途で使える「クラウドAIサービス」を充実させている。4つの用途に絞って、主要サービスを整理する。

[Chris Tozzi,TechTarget]
画像

 Amazon Web Services(AWS)やMicrosoft、Googleの主要パブリッククラウドベンダー3社は、人工知能(AI)エンジンや、それを組み込んだ機能をクラウドサービス(以下、クラウドAIサービス)として提供している。これにより、AI技術の利用が容易になりつつある。

 AI技術を最大限に活用するためには、まずアプリケーションに追加する機能を決める必要がある。パブリッククラウドベンダーが提供するクラウドAIサービスと、そのAPI(アプリケーションプログラミングインタフェース)を調査するのはその後だ。

 本稿では、AWSとMicrosoft、Googleの主要なクラウドAIサービスを、以下の用途別に整理して紹介する。

  • チャットbot
  • 画像認識
  • 音声入力
  • レコメンデーション

用途1.チャットbot

 チャットbotは、AI技術をアプリケーションに組み込む例の中では最も一般的だ。AWSの「Amazon Lex」のように、他のサービスと連携してチャットbotを実現するクラウドAIサービスもある。

 Webサイトにテキストベースのユーザーインタフェースを組み込み、顧客の問い合わせに答えて顧客を支援することが、チャットbotの一般的なユースケースだ。自然言語処理APIを使って、会話の理解力やスキルを高めることもできる。

 パブリッククラウドベンダー各社は、チャットbotの実現を支援する以下のクラウドAIサービスを提供している。

  • Amazon Lex
  • Azure Bot Service(Microsoft)
  • Dialogflow(Google)

用途2.画像認識

ITmedia マーケティング新着記事

news046.jpg

Ziplocの「下味冷凍」プロジェクトに学ぶ“ピンチをチャンスに変える”マーケティング
コロナ禍で大きく変わった生活者の動向とメディアニーズ。変化に対して俊敏に対応した成...

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。