打倒Amazonに「AI」(人工知能)と「データ分析」で挑む小売企業Google、Microsoft、AWSなどのツールを使ってデータ活用

小売企業で、実店舗とオンラインでの購買履歴を活用したマーケティングが進んでいる。AI技術の活用やデータ分析によって、顧客に合わせて商品を提案し、需要を生み出すことができる。

2019年04月03日 05時00分 公開
[Mark LabbeTechTarget]
画像

 家具、生鮮食品、洋服、電化製品、ゲームコンソール、ソフトウェア、ギフトカードなど、大概のものはオンラインで購入できる時代だ。

 データ分析と人工知能(AI)技術の進化によって、オンラインショッピング事業者は、顧客の購買体験を個人に合わせて細かく調整できるようになった。技術主導の時代には、低コストのオンラインストレージサービスやソフトウェアを提供するAmazon.comのような企業も急速に成長している。

 大手小売チェーンも、新たな需要を満たすためのイノベーションを着実に進めている。実店舗とオンラインの双方で、分析技術やAI技術を利用した革新的なアプリケーションや個別の顧客に合わせたマーケティングを導入している。

 こうした技術の導入により、小売業界の文化も変わってきている。

小売に導入されるAI

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。