2018年12月29日 05時00分 公開
特集/連載

アパレル業界を変革する人工知能(AI) 需要予測や服の品質保証にどう活用されているかAIがファッションデザイナーになる可能性も

ファッションデザイナーやアパレルショップは、人工知能(AI)技術を利用して人気商品を予想したり、製造やサプライチェーンの効率を高めたりしている。AIとファッションは、自然な組み合わせになりつつある。

[Kathleen Walch,TechTarget]

関連キーワード

流通業 | ビジネスモデル | 機械学習


photo

 ファッション業界は巨大ビジネスだ。FashionUnitedによると、その価値は全世界で推定3兆ドルに上るという。これは全世界のGDPの2%に相当する。衣服が手元に届くまで、デザイン、製造、配送、マーケティング、販売など、多くの過程をたどる。ファッションデザインやアパレルショップでの人工知能(AI)技術の利用がファッションブランドの間に広がっているのは不思議なことではない。ファッションブランドは、流通の過程で、さまざまな段階の変革について考えている。

AIが次に流行るファッションを予測

 季節が巡る前に、ファッションデザイナーは新しい服のデザインに全力を尽くす。小売業者にとっては、服のデザインが変わり続けることを前提に需要の予測が欠かせない。しかしデザインは流行の影響を大きく受ける傾向があり、需要を見積もるのは難しい。

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

CEOの多くが「今後2年間にわたり景気は停滞せず拡大する」と予測――Gartner調査
CEOの半数以上が「成長」に主眼を置き、危機を乗り越えた先には機会があると考えています。

news171.jpg

資生堂が考えるビューティー領域のDX マーケティングと営業の在り方はどう変わる?
資生堂とアクセンチュアは合弁で、ビューティー領域に特化したデジタル・ITの戦略機能会...

news165.jpg

「SDGs」の認知率が初の半数超え 10代、課長代理・係長クラスの認知率が高い――電通調査
電通が第4回「SDGsに関する生活者調査」を実施。SDGs認知率は前回調査(2020年1月)から...