2018年12月29日 05時00分 公開
特集/連載

AIがファッションデザイナーになる可能性もアパレル業界を変革する人工知能(AI) 需要予測や服の品質保証にどう活用されているか

ファッションデザイナーやアパレルショップは、人工知能(AI)技術を利用して人気商品を予想したり、製造やサプライチェーンの効率を高めたりしている。AIとファッションは、自然な組み合わせになりつつある。

[Kathleen Walch,TechTarget]

関連キーワード

流通業 | ビジネスモデル | 機械学習


photo

 ファッション業界は巨大ビジネスだ。FashionUnitedによると、その価値は全世界で推定3兆ドルに上るという。これは全世界のGDPの2%に相当する。衣服が手元に届くまで、デザイン、製造、配送、マーケティング、販売など、多くの過程をたどる。ファッションデザインやアパレルショップでの人工知能(AI)技術の利用がファッションブランドの間に広がっているのは不思議なことではない。ファッションブランドは、流通の過程で、さまざまな段階の変革について考えている。

AIが次に流行るファッションを予測

 季節が巡る前に、ファッションデザイナーは新しい服のデザインに全力を尽くす。小売業者にとっては、服のデザインが変わり続けることを前提に需要の予測が欠かせない。しかしデザインは流行の影響を大きく受ける傾向があり、需要を見積もるのは難しい。

ITmedia マーケティング新着記事

news089.jpg

「平成ジャンプ世代」の男女共に約8割は結婚意向あり――Pairsエンゲージ パーソナル婚活研究所調べ
「平成ジャンプ世代」とは、未婚のまま平成の30年間を飛び越えて令和を迎えた昭和生まれ...

news046.jpg

F1層(20〜34歳女性)に聞く「タピオカドリンクを飲む理由」――ミュゼマーケティング調べ
タピオカドリンクを購入する理由などを、20〜34歳女性1764人にリサーチしています。

news043.jpg

「GAFA」を脅威と言う前に正しく理解する――オプトホールディング鉢嶺 登氏インタビュー
『GAFAに克つデジタルシフト』(日本経済新聞出版社)を上梓したオプトホールディング代...