2015年01月21日 12時00分 公開
特集/連載

「サイズ違いの返品をなくせ」、ファッション通販サイトが活用する新技術とは?ファッションテクノロジーで“仮想試着室”

サイズ違いの洋服を通販サイトで買ってしまったユーザーは商品を返品する。ブランドによっては返品率が80%にもなるという。適正なサイズの洋服を買ってもらうために行っている通販サイトの取り組みとは。

[Nicole Laskowski,TechTarget]

関連キーワード

Hadoop | 流通業


 スウェーデンVirtusize、米Clothes Horse、米LoveThatFitは、オンラインショッピングに付随する近々の課題を解決するために取り組んでいる。だが、その解決策は消費者のニーズに適合するのだろうか。

 最新のファッションをオンラインで購入できることは消費者にとって便利なことだ。だが、小売業者には新たな問題が突き付けられている。一方、企業家には新たなニッチ市場がもたらされている。

ITmedia マーケティング新着記事

news134.jpg

B2BサービスサイトにおけるCVの58%はトップページからの直行――WACUL調査
CV(コンバージョン)を目的としたWebサイトの改善に必要な施策とは何か。4つのデータに...

news131.jpg

星野リゾートの「市場との対話の仕組み」とは?
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大という大ピンチに観光・宿泊業が生き残る鍵と...

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...