「サイズ違いの返品をなくせ」、ファッション通販サイトが活用する新技術とは?ファッションテクノロジーで“仮想試着室”

サイズ違いの洋服を通販サイトで買ってしまったユーザーは商品を返品する。ブランドによっては返品率が80%にもなるという。適正なサイズの洋服を買ってもらうために行っている通販サイトの取り組みとは。

2015年01月21日 12時00分 公開
[Nicole Laskowski,TechTarget]

関連キーワード

Hadoop | 流通業


 スウェーデンVirtusize、米Clothes Horse、米LoveThatFitは、オンラインショッピングに付随する近々の課題を解決するために取り組んでいる。だが、その解決策は消費者のニーズに適合するのだろうか。

 最新のファッションをオンラインで購入できることは消費者にとって便利なことだ。だが、小売業者には新たな問題が突き付けられている。一方、企業家には新たなニッチ市場がもたらされている。

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...