2018年12月26日 05時00分 公開
特集/連載

ZOZOTOWNが「Amazon S3」「AWS Lambda」で数億枚の商品画像を管理 その効果は60TB以上の画像データをいかに管理するか

通販サイト「ZOZOTOWN」で扱う商品画像は数億枚に上り、増え続ける一方だ。ZOZOはこれらの商品画像の管理システムを、オンプレミスサーバから「Amazon S3」へ移行した。膨大な画像データの移行方法とその効果とは。

[上田 奈々絵,TechTargetジャパン]
photo 写真1 「ZOZOTOWN」の商品説明ページ

 ZOZOの運営する通販サイト「ZOZOTOWN」は、販売商品が常時65万点以上に上り、毎日平均3100点以上の新着商品を掲載している。同社はこれらの商品説明(写真1)に使用する数億ファイルの商品画像の保存先を、オンプレミスサーバからAmazon Web Services(AWS)のクラウドストレージ「Amazon Simple Storage Service」(Amazon S3)へ移行した。同社はなぜ膨大な数の商品画像をクラウドで管理するに至ったのか。短期間で移行した方法とは。2018年10月31日開催のテクノロジーカンファレンス「AWS Dev Day Tokyo 2018」で、ZOZOグループの技術開発を担当するZOZOテクノロジーズの柴田 翔氏が語った。

移行前のシステム構成とその課題

ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

コロナ禍で「たすけあいの意識」が高まったと回答した人が66.9%――こくみん共済 coop調査
コロナ禍の意外な効用? 人と人との「たすけあい」の気持ちが強くなっているという調査...

news056.jpg

企業コミュニケーションの「ニューノーマル」を語ろう
マーケティングやPRの従事者は今、かつてない難問を突きつけられている。「3密」回避など...

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...