DaaSの世界に「macOS」を持ち込めるのか【第3回】
「macOSをDaaSで利用」が現実に それでも喜んではいけない理由
Appleは開発者に対して、「macOS」をDaaSで利用する選択肢を設け始めている。ただし、この動きが一般ユーザーまで広がるかどうかは不透明だ。その背景とは。(2022/6/22)

4要素で分類 事業存続を左右するビジネスリスク【後編】
「技術」リスクの軽視が“壊滅的な被害”を招く?
事業の基盤となる4つの要素からリスクを把握することで、企業を取り巻くリスクの全容やその関係性の把握に役立つ。本稿は、技術と設備の面から見たリスクを解説する。(2022/6/9)

セキュアかつ迅速なサービス展開を実現する
APIエコノミー形成に欠かせない標準認証技術「OpenID Connect/OAuth」とは
金融機関をはじめ、さまざまな企業でビジネス拡大の切り札として「オープンAPI」を活用した外部とのサービス連携が進んでいる。ただしオープンAPI化にセキュリティの不安は付き物。安全なサービス連携を、どう実現すればいいのか。(2022/6/1)

混乱の時代を乗り切るためのサプライチェーン改善策【前編】
「1円でも安く」から「1秒でも早く」へ コロナ禍で変わるサプライチェーン
コロナ禍やウクライナ侵攻など、突発的で予測できない事案によって世界中のサプライチェーンが混乱している。刻々と変わる状況の中、回復力のあるサプライチェーンを構築するには、どのような転換が必要なのか。(2022/4/21)

NEWS
パナソニックがDX推進に向けて「RISE with SAP」を採用した理由とは
パナソニックは全社的なDX推進のため、SAPのクラウドサービス「RISE with SAP」を採用した。グローバルで「SAP S/4HANA Cloud」への移行を加速させる。その狙いとは。(2022/4/7)

Intelが半導体製造で本領発揮?【後編】
半導体不足の中でIntelが出した戦略は冒険なのか、手堅いのか?
新戦略を掲げるIntelは、イスラエルのファンドリー企業を買収するという攻めの一手を出した。半導体の供給不足の中で発表されたこの買収で、同社が狙う業界ポジショニングが見える。(2022/4/4)

CIOはDXをけん引するパイロット【後編】
“エンジニア型CIO”から今すぐ脱却を DXを成功させるCIOの条件
DX推進を成功させるためには、CIO(最高情報責任者)にはどのような能力や考え方が必要になるのか。調査結果を基に探る。(2022/3/31)

2カ月でエッジサーバのインフラ導入
三井化学がエッジサーバのインフラにHCIを導入した理由とは
複数拠点から集まるデータを処理する企業でDXを進める場合、データセンター一元化はデータ転送量やBCPの観点から望ましくない場合がある。エッジコンピューティングを検討すべきだろう。三井化学が導入したITインフラの事例を紹介する。(2022/3/17)

フランス大手銀行Societe Generaleの挑戦
大手金融機関がAIとデータを頼りに進む「データドリブン銀行」への道
フランスの大手投資銀行Societe Generaleが、データとAI(人工知能)技術に注力している。「データドリブン銀行」を目指すという、その取り組みの中身とは。(2022/2/15)

CIOがCEOの戦略的相棒になる6つの心構え【前編】
CIOがコロナ禍で「頼れる戦略的技術アドバイザー」の地位を築くヒント
パンデミックはテレワーク導入を後押しし、プロジェクトを主導したCIOの発言力を強めるきっかけにもなった。この経験を通じて積み重ねた信頼を維持し、CIOがCEOの戦略的技術アドバイザーになるには。(2022/2/1)

「四の五の言わずにすぐやる」
できない理由を探さない 澤 円氏が訴える「中小企業が今、できること」
新型コロナウイルス感染症はインターネット並みのインパクトを及ぼしている。そんな中で中小企業が生き残るためには、何が必要なのか。ITに関する講演や執筆などを数多くこなす、圓窓の代表取締役 澤 円氏に話を聞いた。(2022/2/1)

事業の生命線を守れ
強固なセキュリティの意外な弱点? 大企業も抱える復旧失敗リスクをなくすには
多くの企業がサイバー攻撃の脅威を意識するが、攻撃を受けた場合のデータの復旧体制は心もとない。企業対象の調査では「攻撃を受けたか把握できない」ケースが半数を超える。高度化する攻撃に備え、より確実な復旧体制をどうつくるべきか。(2022/1/27)

GoStudentが挑んだ「オンライン教育」市場の開拓【前編】
EdTech業界のユニコーン企業が語る コロナ禍がオンライン教育を難しくした理由
ユニコーン企業であるEdTechベンダーGoStudentは、コロナ禍によりオンライン教育サービスの需要が減少したと明かす。オンライン教育サービスにとって追い風にも思えるコロナ禍が、“逆風”となった理由とは。(2022/1/12)

データと組織のサイロを破壊する手段とは
中堅・中小企業のデータ活用はなぜ進まない 理由と解決策を考察する
DXを見据えたデータ活用を進めるならば、リアルタイムに経営データを可視化して意思決定に生かせるデータ活用基盤が必要だ。それには、中堅・中小企業は一体何から始めればよいのか。(2021/12/13)

Apple「App Store」の“光と影”【第4回】
「『App Store』が嫌なら使うな」は見当違い “大き過ぎるApple”の深い問題
Appleは「App Store」を構築し、維持するために多大なコストをかけてきた。App Storeを使うのであれば、相応の負担を負うべきだ――。こうした主張は一理ある。ただし潜んでいる問題はもっと根深い。(2021/11/30)

ランサムウェア攻撃の身代金支払いの是非【前編】
Gartnerが明かす「ランサムウェア」の“本当の怖さ”とは?
データを暗号化して企業に身代金を要求するランサムウェアは、企業にとって大きな脅威となる。それはなぜなのか。Gartnerのアナリストがランサムウェアの危険性を解説する。(2021/11/17)

コロナ禍で身近になった「レジリエンス」【前編】
危機に強い組織の共通点 パンデミックで飲食や医療、普通の会社は何をした?
危機に直面してもシステムが稼働し、業務を続けられるようにするのが「レジリエンス」(回復力)だ。パンデミックを経験した後だからこそ、知っておくべきレジリエンス向上の秘訣とは。(2021/11/2)

「四の五の言わずにすぐやる」
できない理由を探さない 澤 円氏が訴える「中小企業が今、できること」
新型コロナウイルス感染症はインターネット並みのインパクトを及ぼしている。そんな中で中小企業が生き残るためには、何が必要なのか。ITに関する講演や執筆などを数多くこなす、圓窓の代表取締役 澤 円氏に話を聞いた。(2021/11/1)

成果につながる学びとナレッジ共有で全社のDX提案力を底上げ
VUCA時代に必須なDX「提案力」を伸ばす教育、チームで学び合う「土壌」の作り方
営業担当者の提案力を高めるには、商材に対する理解を深めることと常に学び続けることが重要だ。だが業務の合間に学習や訓練のための時間を確保するのは難しい。不確実かつ曖昧なVUCAの時代に、効率的に営業のレベルアップを図る方法とは。(2021/10/14)

企業の人的リソースを最適に配置する
導入事例に学ぶ、Dynamics 365とPower PlatformでDXと働き方改革を進める方法
DXの進め方が分からないという企業に対し、Microsoft Dynamics 365やMicrosoft Power Platformを活用して従業員の日々の作業データを分析し、業務プロセスを自動化して従業員の働き方改革とDXを推進するアプローチが紹介された。(2021/9/29)

「柔軟な働き方」が鍵に
テレワークをやめた企業が払う“最悪の代償” 有能社員が会社を見限る
従業員の離職を防ぐために把握すべき「コロナ禍以降の従業員のニーズ」は何か。従業員の勤務場所に制約をかけることは、どのようなデメリットがあるのか。(2021/9/23)

「セコロジスト」足澤氏が語るAIクレジットのAWS活用【前編】
クレカ40枚所有の「セコロジスト」が語る、AWSで動くお得アプリ「AIクレジット」の中身とは?
消費者に最もお得な支払い方法を提案するサービス「AIクレジット」を手掛けるAIクレジット社。同社CTO兼COOの足澤 憲氏にサービスの仕組みと、インフラとしてどのようなAWSサービスを利用しているのかを聞いた。(2021/9/28)

TechTarget発 世界のITニュース
金融機関狙うトロイの木馬「Gozi」の作成者が南米で逮捕 米国引き渡しに焦点
トロイの木馬型マルウェア「Gozi」の作成に関わったルーマニア人のミハイ・イオヌット・パウネス氏がコロンビアで逮捕された。Goziは世界で多数のコンピュータが感染したマルウェアだ。(2021/8/30)

AI技術で「きれい」を極めるL'Oreal【後編】
化粧品大手ロレアルが語る「Vertex AIは便利だが、無駄に使い続けない」の真意
化粧品会社L'Oreal傘下のModiFaceは、Googleの機械学習ツール「Vertex AI」を自社サービスに生かしているが、使い続けることを前提にはしていないという。その真意とは。(2021/8/4)

「四の五の言わずにすぐやる」
できない理由を探さない 澤 円氏が訴える「中小企業が今、できること」
新型コロナウイルス感染症はインターネット並みのインパクトを及ぼしている。そんな中で中小企業が生き残るためには、何が必要なのか。ITに関する講演や執筆などを数多くこなす、圓窓の代表取締役 澤 円氏に話を聞いた。(2021/8/2)

AI技術で「きれい」を極めるL'Oreal【前編】
化粧品大手ロレアルがGoogle「Vertex AI」で実現した“あのAIサービス”とは?
L'Oreal傘下のModiFaceは、Googleの機械学習ツール「Vertex AI」を採用することで、美容を切り口としたデジタルサービスの開発を加速させている。AI技術を消費者の「きれい」に生かす同社の取り組みとは。(2021/7/28)

「AI」と「IoT」の相乗効果【前編】
AI×IoTの融合技術「AIoT」とは? 製造業も成果を上げるその仕組み
AI技術をIoTに取り入れる「AIoT」の活用は、各業界で広がりつつある。まずはAIoTの基本的な仕組みとともに、製造業における活用例を紹介する。(2021/7/21)

ビジネスの成長に応じてスケーリング
「あるべき姿」を目指すDXに不可欠な“クラウド型”ITインフラとは?
企業のDX推進は目先の課題にとらわれがちだ。「本来あるべき姿」を目標に据えたDXに必要なITインフラとはどのようなもので、どうすれば構築できるのか。セミナーの内容を基に解説する。(2021/6/2)

いま必要なデータプラットフォームの形とは
DX推進の壁を乗り越えるためのポイントはデータの“検索性”と“アクセス性”
業務の迅速な遂行、安定的かつ効率的なシステム運用など、事業部門/IT部門双方のDXを推進する上で欠かせないデータ。だがクラウド活用でデータが散在する中で、その活用は困難になりつつある。いま求められるデータ活用基盤の要件とは?(2021/5/14)

NVIDIAによる混迷の「Arm買収劇」【中編】
Arm買収に打って出たNVIDIA ライセンス事業のオープンさを維持できるのか?
Armの買収が成立した場合、NVIDIAには難しいかじ取りが求められる。“オープン”さが特徴であるArmのライセンス事業と、“クローズド”なNVIDIAのGPU事業は両立するのか。(2021/5/14)

AIの価値【前編】
多くの企業が失敗している「AIの収益化」を成功させる方法
多くの企業が、AIの本格導入やAIによる財政的な利益獲得に成功していない。成功企業と失敗企業の違いとは何か。AIから利益を得るには何が足りないのか。(2021/5/10)

TechTarget発 世界のITニュース
Tableauの現CEOが古巣AWSの次期CEOへ 期待される手腕は
AWSはアンディ・ ジャシー氏の後任として、Tableau Softwareの現CEO、アダム・セリプスキー氏を迎え入れる。同氏のリーダーシップの下で、AWSが目指す成長戦略とは。(2021/5/7)

IT製品の導入とDXは何が違うのか
中小企業でDXが進まない理由――政府CIO補佐官 細川義洋氏が語るDX成功の勘所
人々の生活様式、働き方が変わった2020年。中小企業のDXの取り組みはどうなっていたのか、これからDXに取り組む中でポイントはどこにあるのか。ITプロセスコンサルタント、政府CIO補佐官として活躍する細川義洋氏に聞いた。(2021/5/6)

待っていても相談相手は見つからない
コロナがもたらした「全世界同時リセット」 中小企業の勝機を澤 円氏に聞く
コロナ禍で在宅勤務などの取り組みが必要でも、技術リソースの少ない中小企業は二の足を踏みやすい。ITに関する講演や執筆などを数多くこなす、圓窓の代表取締役 澤 円氏に、中小企業がITを活用するためにはどうすればよいかを聞いた。(2021/5/6)

オンライン教育を脅かす攻撃【後編】
学校がサイバー攻撃の標的になりやすい“深刻な理由”
「教育機関は攻撃者に狙われやすい」とセキュリティの専門家は指摘する。それはなぜなのか。オンライン教育の導入で新たなセキュリティ問題に直面する教育機関が、今知っておくべき現実を整理する。(2021/5/6)

Google Workspace導入事例
Google Workspaceでビジネスモデルの転換や働き方の変革を実現
コロナ禍によりビジネスモデルや働き方の変更を迫られたときどうするか。Google Workspaceを使ってこれらに成功した2つの事例を紹介する。(2021/4/26)

NEWS
従業員300人以上の企業7割が「DXの必要性を実感」、フレクトの調査から
フレクトが実施した「企業のDX化に関する実態調査」によると、従業員300人以上の企業は約7割がDXの必要性を実感していた。一方で、DXに「コスト削減」など「守りのIT」の効果を期待している傾向がうかがえた。(2021/4/23)

情シスの働き方を変えるITインフラの在り方
サイロ化した三層構造システムが阻むDX、専門家に聞いた整理術とは
企業が生き残るためにDXは避けられないが、IT管理者はあちこちに分散しサイロ化したITインフラの「お守り」に追われてそれどころではない。従来よりも簡単に社内のシステムを刷新し、数クリックで管理、移行、拡張を可能にする方法がある。(2021/4/26)

不動産市場で進むアナリティクスの活用【後編】
「不動産テック」がもたらす“脱・百貨店ビジネス”とコロナ時代のオフィス
コロナ禍やEコマースへのシフトで小売店舗の在り方が問われている。ピンチをチャンスに変えるための鍵となるのが、アナリティクスの活用だ。(2021/4/16)

IT投資ロードマップの見直しに効く3ステップ【前編】
「IT投資ロードマップ再検討」に失敗しないための“最初の一歩”
ビジネスリーダーはIT投資ロードマップを再評価して、現在の成長状況と一致しているかどうかを確認する必要がある。その手始めとして、何から始めればよいのか。(2021/4/2)

競争力を高めるクラウド時代のビジネスモデル
「クラウド」「テレワーク」でのデータ保護に悩むユーザー企業 どう支援する?
クラウドサービスやテレワークの浸透によって、管理対象のデータやPCが社内外に点在する環境が生まれている。これはSIerがユーザー企業のシステムのセキュリティを確保する上で大きな課題だ。これを解消し、管理を一元化する方法とは。(2021/3/29)

煩雑な経理業務プロセスを一気通貫で自動化
AIの力で経理担当者の面倒な「仕訳」「検証」を自動化するクラウド型ERPとは?
企業のDX推進において中核を担うのが、クラウドサービスの活用やアプリケーション間のデータ連携だ。中堅・中小企業でこうした取り組みを効率的に進める上では何が課題となり、どうすれば解消できるのか。詳しく解説する。(2021/3/9)

インフラ視点でビジネス変革を考える
クラウドとのギャップ解消、ハイブリッド時代にオンプレ環境が備えるべき3要素
DXを推進する中でハイブリッドクラウドが普及する一方、進化するパブリッククラウドと、従来通りのオンプレミス運用とのギャップが問題視されている。オンプレミスの構成と運用管理は今どう見直すべきなのか、3つの要素を軸に解説する。(2021/3/11)

AaaSからXaaSまで
「as a Service」主要43種の一覧 あなたは幾つ知っている?
クラウドサービスの普及と共に、多様化が進んだ「as a Service」。具体的にはどのようなサービスがあるのか。主要なas a Serviceをアルファベット順に紹介する。(2021/4/1)

2021年のDXトレンド予測【前編】
アジャイルが「DX」に貢献する理由 もう単なるソフトウェア開発手法ではない?
ITリーダーがDX実現に向けて求められる役割の中には、企業文化に関係することも含まれるようになる。具体的な役割を理解する上で重要なキーワードが「アジャイル」だ。(2021/2/8)

待っていても相談相手は見つからない
コロナがもたらした「全世界同時リセット」 中小企業の勝機を澤 円に聞く
コロナ禍で在宅勤務などの取り組みが必要でも、技術リソースの少ない中小企業は二の足を踏みやすい。ITに関する講演や執筆などを数多くこなす、圓窓の代表取締役 澤 円氏に、中小企業がITを活用するためにはどうすればよいかを聞いた。(2021/2/1)

新たなビジネス機会の創造に向けて
大企業を悩ます「データの壁」の乗り越え方
DXに対してそれなりの投資をしたのに思ったほどの成果が上がらない、各部門で収集したデータは豊富なのに組織がうまく連携しない――大企業にありがちなこれらの課題の根源にあるのはデータの分断だ。解決策とは。(2021/1/29)

M&Aに乗り出す半導体3社の思惑【第4回】
Arm買収で半導体市場は「NVIDIA」の一人勝ちか? それとも……
AMD、Intel、NVIDIAの半導体ベンダー3社が打ち出す買収戦略で、半導体市場は騒がしくなっている。中でもNVIDIAのArm買収は市場の勢力図を塗り替える可能性がある。ただし買収の先行きは不透明だ。(2021/1/28)

IT製品の導入とDXは何が違うのか
中小企業でDXが進まない理由――政府CIO補佐官 細川義洋氏が語るDX成功の勘所
人々の生活様式、働き方が変わった2020年。中小企業のDXの取り組みはどうなっていたのか、これからDXに取り組む中でポイントはどこにあるのか。ITプロセスコンサルタント、政府CIO補佐官として活躍する細川義洋氏に聞いた。(2021/2/1)

開発者同士がテレワークで共同作業:
クラウドが開発“競争”を“共創”に変える――自動車業界で進む変革
自動車技術の研究や普及を担う団体が、クラウドを使って企業の垣根を越えた取り組みを開始した。それをベースに、さまざまな業界が参加する「スーパーテレワーク・プラットフォーム」の構築にも取り組んでいる。壮大な取り組みの中身とは。(2021/1/14)