「うちのDX、やっぱり駄目ですね」 DXを失敗に導いた誤解とは11個の“失敗ポイント”から学ぶDX【前編】

DXを進める上では、成功した企業の事例だけではなくDXを失敗に導くポイントも知っておくことが役に立つ。DXに取り組む従業員が誤解しがちなポイントと、失敗するDXのタイプを3つ紹介する。

2023年12月14日 05時00分 公開
[George LawtonTechTarget]

関連キーワード

業務改善 | CIO | 顧客満足 | IT投資 | 経営


 「デジタルトランスフォーメーション」(DX)は、ビジネスを成功させるために不可欠なキーワードとして浸透した。世界全体の傾向として、企業は今後ますますDXに投資するようになると見込まれる。

 投資コストや企業の努力が注ぎ込まれているにもかかわらず、DXの失敗が後を絶たない。コンサルティング会社McKinsey & Companyが2023年5月に公開した調査レポート「How to implement transformations for long-term impact」は、走り出したDXを「走らせ続けること」が企業の課題であると指摘する。同レポートは、2022年8月に地域、産業、企業規模、役職、在職期間を問わず、企業に勤務する従業員908人に実施した調査結果に基づく。同レポートによると、回答者の56%が「自社がDXにおいて定めた目標をほとんどもしくは全て達成できた」と答えた。一方で「DXの目標を達成した状態をどのくらいの期間維持できたか」という質問に対して、「3年以上維持できた」と答えたのは12%だった。DXを進めるプロセス全体を考えたとき、プロセスの後半になるにつれてDXの取り組みが失速し、「DXで定めた目標値に対して平均約42%の利益を獲得できない」という答えもあった。

 本稿は、DXに取り組む従業員が誤解しがちなポイントと、失敗するDXのタイプを3つ紹介する。

DXが駄目になるのは“あのせい”ではない

 コンサルティング企業PSG Consultingのマネージングディレクター、アントニー・エドワーズ氏は、DXが失速する理由の一つとして、「DXをITの問題だと誤解している」ことを挙げる。DXは企業文化、企業のDNA、ビジネスモデルに関わる問題であるため、ビジネスとCX(顧客体験)の観点からアプローチすることがDXの成功につながるというのがエドワーズ氏の考えだ。

 経営コンサルティング会社Lotis Blue Consultingのパートナーであるジョン・キング氏は、「進行中のDXの計画が完了しているかどうかや成果が出ているかどうかを検証せずに、はやりのテクノロジーに飛び付く企業が散見される」と指摘する。

 調査会社Gartnerのディスティングイッシュトバイスプレジデントアナリストであるクリスティン・モイヤー氏は、失敗するDXのタイプを以下の3つに分類する。

  1. ビジネスを進展させない
    • 手を付けずに置き去りにしてきた課題を、DXの看板を掲げた上で新しい取り組みとして演出する。
  2. 規模も効果も限定的
    • DXと言えるかどうかの判断が難しい小規模な取り組みを実施し、ビジネスに新たな価値を生み出すことには注力しない。
  3. 製品やサービス開発の失敗
    • DXを通じて新製品やサービスを立ち上げようとしたが失敗し、中止を余儀なくされる。

 DXは成果が出るまで時間が掛かる。「自社の状況に即したペースでDXを進めることが大切だ」とモイヤー氏は語る。

 モイヤー氏は、DXを実施する中で取り組むべきことについて、次のように指摘する。「まずは顧客数や取引件数といった早期から計測できる指標を使ってDXの成果を測定する。その後、売上高や純利益率といった指標も使ってDXの成果を検証するとよい」


 中編は、DXの専門家が語る、DXの失敗を誘発する11個のポイントを紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news070.jpg

Xの「いいね!」非公開化 イーロン・マスク氏の真の狙いは?
Xが「いいね!」を非公開化するアップデートを実施した。狙いの一つは、Xユーザーが他人...

news025.png

「ECプラットフォーム」売れ筋TOP10(2024年6月)
今週は、ECプラットフォーム製品(ECサイト構築ツール)の国内売れ筋TOP10を紹介します。

news176.jpg

「伊右衛門」「日清麺職人」「鍋キューブ」に見る2024年上半期食品・飲料トレンドは「うま濃い余韻」
食品メーカーの商品開発やマーケティング支援などを行う味香り戦略研究所は、2024年の食...