本当に「オンプレミスを捨てた」ユニリーバ “半端じゃない決断”の理由は?「クラウドだけ」を使うユニリーバの戦略【後編】

大手消費財メーカーのUnileverは、全システムのクラウド移行を完了した。「クラウドサービスしか使わない」という方針を実行に移し、同社は何を実現したいのか。

2023年07月11日 05時15分 公開
[Caroline DonnellyTechTarget]

 大手消費財メーカーUnilever(ユニリーバ)は、クラウドサービスしか利用しない「クラウドオンリー」の方針を掲げ、2023年4月に全システムのクラウド移行を完了した。クラウドサービスを活用した事業変革の取り組みをこれから本格化する。クラウドサービスは同社に何をもたらし、同社は何を実現したいのか。

「クラウドサービスしか使わない」覚悟は半端じゃない?

 Unileverは、クラウド移行プロジェクトをITコンサルティング企業AccentureとMicrosoftと共同で実施した。Unileverは大半のシステムとデータを、Microsoftのクラウドサービス群「Microsoft Azure」で運用することにした。これにより、デジタル技術を使ってビジネスモデルや企業文化を変革する「デジタルトランスフォーメーション」(DX)を加速する狙いだ。

 クラウドサービスを活用する取り組みの一例として、Unileverは3次元(3D)仮想空間の「メタバース」を使用する計画を挙げる。工場の「デジタルツイン」(現実の物体や物理現象をデータでモデル化すること)から取得するリアルタイムデータを用いて現状の業務から洞察を引き出すと同時に、自動化を進めることが狙いだ。その目的は、顧客と従業員の体験価値を向上させることにあるという。

 Unileverでエンタープライズおよび技術の最高責任者を務めるスティーブ・マクリスタル氏は、同社の原動力はデータにあると強調する。「当社はより速いペースで、より多くの情報に基づいた意思決定を下すため、高度な分析手法を取り入れている」(マクリスタル氏)。全システムのクラウド移行により、Unileverは絶えず変化する消費者ニーズに素早く応えることが可能になる他、成長分野に経営資源を効率良く配分し、サービスや製品の迅速な市場投入が可能になる。

 Accentureでシニアマネージングディレクターとグローバルアカウントエグゼクティブを兼務するニコール・バン・デット氏は、クラウド移行はUnileverに2つのメリットをもたらすと説明する。事業のレジリエンス(回復力)の向上と、製品面のイノベーションの加速だ。「その実現には業務のデジタル化と、デジタル化を土台にしたDXが不可欠。クラウドサービスはDXの中核を担う」(デット氏)

 他にもUnileverは、「ジェネレーティブAI」(生成AI)を利用する機能など、一連のクラウドサービスを利用することで、より迅速なイノベーションや成長を促進する。“デジタルリーダー”として業界を先導することが、同社の目指す姿だ。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news098.jpg

食品の高値安定傾向はどこまで続く?――インテージ調査
全国約6000店舗より収集している「SRI+(全国小売店パネル調査)」を基に実施した食品や...

news028.jpg

インターネット広告の新しいKPIと「アテンション」の再定義
最終回となる今回は、ターゲットに届いた広告の効果を正しく測定するための指標として「...

news158.png

売れるネット広告社、「売れるD2Cつくーる」にLP自動生成機能を追加
売れるネット広告社が「売れるD2Cつくーる」に、新たに「ランディングページ自動生成(AI...