2021年10月21日 05時00分 公開
特集/連載

「Java」を学びたくなるシンプルな理由Javaが愛され続ける5つの理由【前編】

「Java」はモバイルアプリケーションからサーバサイドアプリケーションまで、さまざまな開発に利用できるプログラミング言語だ。開発者が支持する理由を解説する。

[Cameron McKenzie,TechTarget]

 Oracleは、プログラミング言語および開発・実行環境「Java」の長期サポート版(LTS)「Java 17」を2021年9月に提供開始した。2021年は、Javaの正式版の誕生から25周年に当たる。本連載は、Javaがソフトウェア開発者に支持され続けている5つの理由を解説する。

理由1.学習しやすい

 どのプログラミング言語も習得には時間がかかる。Javaはプログラミング言語「C」「C++」やスクリプト言語(簡易的なプログラミング言語)「JavaScript」と似ている部分がある。これらの言語のいずれかを扱った経験があれば、Javaの構文を覚えやすい。

 Javaには、プログラムの構造を決める非常に厳密なルールがある。新しいプログラミング言語をマスターしようとするとき、明確で一貫したルールがあると学習しやすくなる。Java初心者が学習する中で分からないことが出てきたら、動画共有サイト「YouTube」や「StackOverflow」「CodeRanch」などのフォーラムサイトが疑問への答えを見つける手掛かりになる。

理由2.APIが豊富

 API(アプリケーションプログラミングインタフェース)の提供する機能が広範にわたることも、Javaの特徴だ。Javaの開発・実行環境「JDK」(Java Development Kit)は、XMLファイルの解析からタイムゾーンの変換まで、多様な処理を可能にするさまざまなパッケージを持つ。非営利団体Eclipse Foundationが管理するJavaの企業向け仕様群「Jakarta EE」のAPIも役に立つ。

 Javaアプリケーション開発で利用できるAPIは、OracleやEclipse Foundationが提供する標準APIだけにとどまらない。例えば以下が利用できる。

  • JBoss Hibernate
    • データと処理内容をまとめた「オブジェクト」とデータベース内のデータを対応付ける「O/Rマッピング」を実現する。
  • Spring Boot
    • マイクロサービスアーキテクチャ(独立性の高い小規模のサービスを組み合わせたアーキテクチャ)のJavaアプリケーション開発を支援する。
  • Apache Log4j
    • ログを集約する。
  • Apache Commons Collections
    • 「コレクション」(オブジェクトの集合体)を操作するJavaの「Collections Framework」の機能を拡張する。

 後編は、3〜5つ目の理由を取り上げる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news212.jpg

面白い広告は記憶に残るが、ユーモアを活用できている企業は少ない――Oracle調査
ユーモアを取り入れたブランドは支持され、ロイヤルティーが高まり、顧客は再び購入した...

news054.jpg

マクドナルドvsバーガーキング ネット戦略がウマいのはどっち?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news118.jpg

マーケターなら知っておきたい「Googleが次に可能にすること」 Google I/O 2022で発表の新機能まとめ
「検索」「地図」「ショッピング」他、Googleが年次開発者会議「Google I/O 2022」で紹介...