2023年09月12日 05時00分 公開
特集/連載

Alibaba Cloudの生成AI「通義万相」とは? 実行できる画像生成タスクは?Alibaba Cloudの生成AI【前編】

Alibaba Cloudは画像生成用の生成AIモデル「通義万相」を発表した。このAIモデルはどのような機能を持つのか、詳しく説明する。

[Aaron TanTechTarget]

 中国を拠点とするクラウドベンダーのAlibaba Cloudは2023年7月、中国のユーザー企業向けにジェネレーティブAI(生成AI)モデルの「通義万相」(Tongyi Wanxiang)を発表した。生成AIは、学習データを基にテキストや画像などを自動生成する技術だ。

Alibaba Cloudの画像生成AI「通義万相」の中身

 通義万相は、中国語または英語で入力したテキストに基づき、さまざまなスタイルの画像を生成するAIモデルだ。水彩画や油絵、中国画の他、アニメーションやスケッチ、フラットイラスト、3D(3次元)漫画などさまざまなスタイルを選択できる。

 任意の画像を別のスタイルの画像に変えることも可能だ。生成した画像の内容を変えずに、別の画像のスタイルに当てはめることもできる。

 通義万相は複数の言語データを活用して、AIモデルをトレーニングしている。Alibaba Cloudは「通義万相は意味を理解する能力が高く、文脈に応じてより正確な画像の生成が可能になる」とアピールしている。構図の正確さと細部の精密さを保ちながら高解像度の画像を生成するための、独自の技術を採用しているという。

 Alibaba Cloudの最高技術責任者(CTO)を務める周 靖人氏は次のように語っている。「通義万相の提供開始によって、生成AIモデルで生成する高画質の画像がより身近になり、Eコマースやゲーム、デザイン、広告といった幅広い分野で、革新的なAIアートや表現が生まれるだろう」


 通義万相を発表するよりも前に、Alibaba Cloudは複数の生成AIサービスやAIモデルを発表している。後編はそれらのサービスを取り上げる。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news180.jpg

電通「2023年 日本の広告費」 総広告費、インターネット広告費は2年連続で過去最高に
電通が「2023年 日本の広告費」を発表しました。主なトピックスを抜粋して紹介します。

news041.jpg

2024年の広告業界大予測(無料eBook)
Forrester Researchは2024年を「大手メディアが活気を取り戻す瞬間」としています。マー...

news196.jpg

アニメ世界の「ワクドナルド」が公式に McDonald'sが日本人アーティストのAcky Bright氏と始めたこと
McDonald'sがアニメやマンガでよく描かれる「WcDonald's(ワクドナルド)」をオマージュ...