バックアップ担当者が知っておくべき「生成AI」とはそもそも何か? 生成AIでバックアップはどう変わる?【第1回】

AI技術はさまざまなツールに組み込まれ始めている。「ChatGPT」や「Bard」のような生成ツールは、IT部門の業務にどう役立つのか。生成AIで何ができるのかをまず確認しよう。

2023年09月11日 07時15分 公開
[Stephen PritchardTechTarget]

 AI(人工知能)技術を活用したチャットbotの「ChatGPT」や「Bard」が注目を集めている。これらは、テキストや画像などを自動生成するAI技術「ジェネレーティブAI」(生成AI)を利用したツールの一つだ。

 さまざまな領域で注目を集める生成AIは、IT部門の業務でも注目を集めている。例えば、IT部門の重要な仕事の一つにデータのバックアップがある。バックアップは反復的な作業であるため、AI技術による自動化が期待できる仕事だ。まず、生成AIは何ができるのかを確認しよう。

「生成AI」の利点とは? そもそも何ができる?

 AI技術を組み込んだツールの利用は、IT部門に広がりつつある。人間のエンジニアやデータアナリストをはるかに上回るスピードでデータを処理できるからだ。

 大規模言語モデル(LLM)を使った生成AIツールは、自然言語での対話形式でレポートを作成できる。「文脈や背景情報を踏まえ、関連性のあるコンテンツを自動生成することに生成AIは役立つ」。データ分析ツールを提供するEXL Service Holdingsでアナリティクス部門の欧州責任者を務めるチティジ・ジェイン氏はそう分析する。

 LLMに基づく生成AIツールは、プロンプト(応答を得るための質問)に対して、人間かのように応答を生成する。この特徴を生かしたチャットbotがカスタマーサービスで使われている例はすでにあり、生成AIは人間のオペレーターの業務量削減に貢献している。生成AIは広告用のパンフレットやカタログといったマーケティング用の文書の他、イラストも生成できる。


 第2回はIT部門の現状と、AI技術が具体的にどのようにバックアップに役立つのかを解説する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

矢野経済研究所「2024年版 デジタルコンテンツ市場動向調査」を実施
矢野経済研究所は、国内のデジタルコンテンツ市場を調査し、市場概況や主要企業動向を明...

news100.jpg

Salesforceの「Einstein Copilot」は他社のAIアシスタントと何が違うのか?
Salesforceが対話型AIアシスタント「Einstein Copilot(β版)」を日本市場で提供開始し...

news029.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年6月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。