オフィス出社派が働きやすくなる「Web会議デバイス」の機能とは?ハイブリッドワークで脚光「Web会議デバイス」の今【第2回】

ハイブリッドワークの時代には、普段はテレワークをする従業員が必要に応じてオフィスで働くことがある。働く場所によらない一貫したWeb会議の体験を実現する上で、「Web会議デバイス」に必要な機能とは何か。

2023年06月27日 06時15分 公開
[Katherine FinnellTechTarget]

 外付けWebカメラなどの「Web会議デバイス」は、Web会議の音質や画質といった品質と、使い勝手を改善する上で重要な役割を担う。ベンダーはテレワーク時だけではなく、オフィスワーク時の利用も意識してWeb会議デバイスを設計している。

オフィスワーカーはWeb会議デバイスの「あの機能」に注目している

併せて読みたいお薦め記事

連載:ハイブリッドワークで脚光「Web会議デバイス」の今

従業員を幸せにするハイブリッドワークとは


 Cisco SystemsのWeb会議デバイスである「Webex Devices」は、ホットデスク機能(複数の従業員が同じ座席を別の時間に使用するための機能)を備える。普段テレワークをしている従業員がオフィスに出向くのは、対面で作業しなければならない場合が一般的だ。次の会議まで時間があるときに、従業員はWebex Devicesのホットデスク機能を使って共有スペースの席を予約し、個人の席を確保できる。

 調査会社Metrigyのアナリストであるアーウィン・レザー氏は「オフィスに固定席を作らず、共有デスク(ホットデスク)にしている企業は一定数ある」と説明する。ホットデスクには、ディスプレイ、電話、Webカメラ、ヘッドセットなどを設置するのが一般的だ。レザー氏によると、特にホットデスクにオールインワンデバイス(ディスプレイ、Webカメラ、マイク、スピーカーが一体化したデバイス)を置く動きが広がっている。

 Cisco Systemsの「Cisco Desk」シリーズをはじめとするオールインワンデバイスは、Web会議での共同作業に役立つ機能を備える。ディスプレイで直接作業できる製品や、ノートPCに接続できる製品もある。

 近年はWeb会議デバイスが「オフィススペースマネジメントツール」との連携を進める動きがある。オフィススペースマネジメントツールは、座席や会議室、備品の割り当てといった業務を効率化するツールだ。M. Arthur Gensler Jr. & Associates(Genslerの名称で事業展開)のクラウドサービス「Wisp」などが該当する。

 小さな会議室や電話ブースといった、オフィス内の狭い場所に設置できるWeb会議デバイスもある。Web会議デバイスベンダーNeatframeのCEOサイメン・テイグレ氏は「企業はオフィススペースを効率的に使うことを考える必要がある」と強調する。ノートPC、Webカメラ、ヘッドセットといった複数のデバイスをオフィスに用意すると、従業員にとっては、いつ、どのデバイスを利用すればよいのかが分かりにくい。従業員が1つのWeb会議デバイスにログインするだけで、カレンダーやチャット、Web会議の機能にアクセスできるならば、オフィスでも、自宅でも、場所を問わず働きやすくなる。


 第3回はデバイスの運用管理の面から、オールインワンデバイスの利点を考察する。

関連キーワード

リモートオフィス | 在宅勤務


TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...

news058.jpg

Web広告施策に課題を感じている企業は9割以上――リンクアンドパートナーズ調査
企業のWeb広告施策を推進している担当者約500人を対象に、課題と今後の取り組みについて...

news183.jpg

TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求...