東芝が生んだ「NAND型」「NOR型」フラッシュ その“意味”は超シンプルだったフラッシュメモリ「NAND型」「NOR型」の違い【第2回】

フラッシュメモリの「NAND型」と「NOR型」にはどのような違いがあるのか。実はその呼称には、分かりやすい違いがある。仕組みの違いを踏まえて解説する。

2023年06月26日 05時00分 公開

関連キーワード

SSD | フラッシュメモリ | ストレージ


 「SSD」の記録媒体である「NAND型フラッシュメモリ」も、特定用途の組み込み用として使われる「NOR型フラッシュメモリ」も、1980年代に東芝の技術者だった舛岡 富士雄氏が開発した。どちらも記録媒体として使われるフラッシュメモリだが、両者には明確な違いがある。呼称に含まれる「NAND」や「NOR」は何を意味し、それぞれどう異なるのか。

「NAND型」と「NOR型」の超シンプルな意味はこれだ

 NAND型フラッシュメモリとNOR型フラッシュメモリの違いや名前の意味を理解するには、まずは「論理ゲート」を理解する必要がある。論理ゲートとは、「0」「1」などの2個の値を用いる演算である「論理演算」(ブール代数)に用いる電子回路を指す。

 論理演算も重要だ。「NAND」と「NOR」は、それぞれ論理演算の種類である以下の組み合わせになっている。

  • AND演算(論理積)
  • OR演算(論理和)
  • NOT演算(論理否定)

 AND演算とNOT演算の組み合わせが「NAND」であり、「否定論理積」とも呼ばれる。OR演算とNOT演算の組み合わせが「NOR」であり、「否定論理和」とも呼ばれる。NANDとNORはそれぞれ、2個のバイナリ(2進数のデータ)の入力に対して出力を生成する。

 論理ゲートである「NANDゲート」と「NORゲート」は、それぞれの論理演算について、入力の全パターンと出力を一覧にした「真理値表」を実装している。

 NAND型フラッシュメモリでは、各メモリセルは読み書きのデータを送受信する「ビット線」と、対象のメモリセルを指定する信号を送受信する「ワード線」に接続する。ワード線は、読み書きの最小単位である「ページ」を複数まとめた「ブロック」内の、複数バイトを接続する。NAND型フラッシュメモリの各メモリセルは直列で接続するのに対し、NOR型フラッシュメモリは並列となっている。


 第3回は、NAND型フラッシュメモリとNOR型フラッシュメモリのメリットを比較する。

変更履歴(2023年7月3日11時25分)

記事掲載当初、タイトルやリード文、本文の一部で「NOA型」と記載していましたが、正しくは「NOR型」です。おわびして訂正します。本文は修正済みです。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news076.jpg

オラクルが広告事業から撤退へ ポストCookie時代の業界地図は変わるか?
Oracleは「Responsys」「Moat」「BlueKai」などの買収を重ねて広告部門を構築してきた。...

news068.jpg

琉球泡盛「残波」「海乃邦」の海外展開を例に考える日本のブランドが持つべき視点
日本のブランドが海外展開で持つべき視点とはどのようなものか。2024年4月にI&CO APAC代...

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...