2023年08月23日 07時00分 公開
特集/連載

Web会議でよくある「ツールが使えず時間だけが過ぎる」問題の解決策は?Web会議でしくじらない3つのポイント【前編】

Web会議ツールの設定や操作の確認で時間を浪費し、議題になかなか入れない――。Web会議にありがちな、こうした“イライラ”を減らすためには何をすればよいのか。Web会議を生産的にするポイントを紹介しよう。

[David MaldowTechTarget]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)で、世界は大きな転換期を迎えた。会議はオンラインでの開催が主流になり、2020年当時は「パンデミックが一段落すれば、Web会議の頻度は減る」との見方が広がった。

 現実は異なる。企業はオフィスワークとテレワークを組み合わせた働き方である「ハイブリッドワーク」を新しい働き方として受け入れた。週5日のテレワークを継続する企業もある。今後もWeb会議は続くと考えた方がよい。

 Web会議に不満の声を上がることがある。ソフトウェアやハードウェアに関する技術的な問題がストレスを招き、生産性の低下につながるとの声は珍しくない。こうした悩みを解消し、生産的なWeb会議を実現するポイントとは。3つのポイントを紹介しよう。

ポイント1.「会議前」を生かす

 会議の議題に「Web会議ツールが適切に使えるかどうかを確かめること」を含めるべきではない。参加者が使い慣れていないWeb会議ツールを利用すると、貴重な会議時間を本題ではなく、新しいWeb会議ツールの操作テストや調整に費やしてしまいかねないからだ。

 主催者が、自身がそもそも不慣れなWeb会議ツールを選択してしまうと、Web会議ツールの使い方やトラブルシューティングの仕方が分からず、会議がなかなか進まなくなる恐れがある。主催者は会議の前に、使用するWeb会議ツールの基本的な使い方を確認すべきだ。少なくとも出席者のマイクをミュートにする方法は、確実に把握する必要がある。

 会議で使うカメラやマイク、スピーカー、ソフトウェアなどに技術的な問題を見つけた場合は、可能な限り会議の前に解決するよう、主催者は参加者に呼び掛けるとよい。会議中は本題のみに時間を費やすのが望ましいからだ。


 後編は、残る2つのポイントを紹介する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news041.jpg

2024年の広告業界大予測(無料eBook)
Forrester Researchは2024年を「大手メディアが活気を取り戻す瞬間」としています。マー...

news196.jpg

アニメ世界の「ワクドナルド」が公式に McDonald'sが日本人アーティストのAcky Bright氏と始めたこと
McDonald'sがアニメやマンガでよく描かれる「WcDonald's(ワクドナルド)」をオマージュ...