「Google検索」の基礎知識 Webサイトの掲載順位が変わるのはなぜ?Google検索でWebサイトを上位に表示する方法【第1回】

「Google検索」での掲載順位を上げることは、Webサイトへの訪問数を増やす有力な方法だ。掲載順位はどのように決まるのか。Google検索の基本的な仕組みを整理しよう。

2023年08月25日 10時00分 公開
[Ben LutkevichTechTarget]

 世界的に広く使われている検索エンジンは、Microsoftの「Bing」やYahooの「Yahoo! Search」など幾つかある。それでも依然として市場を支配するのは、Googleの検索エンジン「Google検索」(Google Search)だ。

 検索エンジンは、検索クエリ(検索に使う単語の組み合わせ)に応じたWebサイト一覧を検索結果ページ(SERP)として表示する。Google検索のSERPにおいて、自社Webサイトの掲載順位を上げるためには何をすればよいのか。それを理解するためには、Google検索および検索エンジンの基本的な仕組みを理解する必要がある。

「Google検索」の基礎知識 掲載順位はなぜ変わる?

 Google検索は、被リンク(他のWebサイトからのリンク)数やWebサイトの読み込み速度、コンテンツの質といった幾つもの独自の基準を用いて、SERPにおけるWebサイトの掲載順位を決めている。こうした仕組みを「検索アルゴリズム」という。

 検索クエリに対して適切なSERPを表示できるようにしたり、不正なSEO(検索エンジン最適化)でSERPの上位表示を狙う行為を防いだりするために、Googleは定期的にGoogle検索の検索アルゴリズムをアップデートしている。特に同社が「重大かつ大規模だ」と判断したアップデートを「コアアップデート」という。コアアップデートの前後では、SERPにおけるWebサイトの掲載順位が急激に変化することがある。

検索エンジンがSERPを表示するまでのプロセス

 Google検索などの検索エンジンは、インターネットにあるWebサイトをどのようにして認識し、SERPを表示するのか。そのプロセスは以下の3つの段階に分けられる。

1.クロール

 検索エンジンは、Webサイトを探すために「クローラー」を利用する。クローラーは、インターネットを巡回(クロール)して、Webサイトのデータを収集し、自動的にデータベースに登録するプログラムだ。Google検索のクローラーは「Googlebot」という。

2.インデックス

 「インデックス」とは、クローラーが見つけたWebサイトのテキストや画像、動画といったコンテンツをデータベースに登録して、検索できるようにすることだ。こうしたデータベースのことをインデックスと呼ぶこともある。インデックスの際、検索エンジンはHTMLのソースコードにある「meta」タグなど、コンテンツの種類や意味に関する情報を基にコンテンツを分類し、データベースに登録する。

3.SERP表示

 エンドユーザーが検索エンジンに検索クエリを入力して検索すると、検索エンジンは検索クエリに関連するWebサイトの情報をSERPに表示する。SERPでの掲載順位は、各検索エンジンの検索アルゴリズムで決まる。


 第2回は、Google検索のSERPにおける掲載順位を左右する、主な要素を整理する。

関連キーワード

Google | Google Chrome | SEO | Webサイト


TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

Threadsで目立つ投稿をするには? Metaがフィードアルゴリズムの仕組みに関する洞察を公開
X(旧Twitter)に変わるものとして期待されるMetaの短文投稿SNS「Threads」。Metaが公開...

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...