Macにもマルウェア対策製品を入れたい? 選定のこつはこれだApple製デバイスのセキュリティ向上策【第4回】

Apple製デバイス用のサードパーティーベンダー製マルウェア対策製品を導入する場合、どのような視点で選定を進めればよいのか。賢い選び方を整理する。

2023年08月29日 05時00分 公開
[Katie FentonTechTarget]

関連キーワード

Apple | Mac | セキュリティ


 クライアントデバイス「Mac」をはじめとするApple製デバイスを安全に利用するためには、同社が用意する標準のセキュリティ機能に加えて、サードパーティーベンダー製のマルウェア対策製品を利用するとよい。Apple製デバイスで使えるマルウェア対策製品を選定する際には、何を重視すればよいのか。

Macにマルウェア対策製品を入れるならこう選ぶべし

 Apple製デバイス向けのマルウェア対策製品には、幾つかの選択肢がある。適切なマルウェア対策製品を選ぶためには、まずはそれぞれの機能を一覧にして、メリットとデメリットを整理することが大切だ。

 MacのOS「macOS」に特化したマルウェア対策製品は、豊富にあるわけではない。大半のマルウェア対策製品は、macOSとMicrosoftのOS「Windows」の両方を保護対象にしている。

 BitdefenderやESETといった幾つかのベンダーは、macOSやWindowsに加えて、オープンソースのOS「Linux」も保護するマルウェア対策製品を提供する。OSを問わず、社内のさまざまなクライアントデバイスを保護できるマルウェア対策製品を導入すれば、企業はライセンス契約をシンプルにすることができる。

 主要ベンダーが提供するMac向けマルウェア対策製品としては、Broadcom「Symantec Endpoint Protection」やTrellixの「Trellix Endpoint Security」などが挙げられる。選定の際は、他のセキュリティ製品との連携が容易かどうか、エンドユーザーである従業員の生産性を阻害しないかどうかを考えることが重要だ。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...