スマホの「テザリング」が使えないときにまず確認すべきことは“これ”だテザリングの基礎とトラブルシューティング【第3回】

外出先でもさまざまなデバイスでインターネットを使う手段として、スマートフォンのテザリングが役立つ。テザリングが何らかの原因で使えない場合、まず何をすればよいのか。

2023年08月29日 07時00分 公開
[Michael GoadTechTarget]

 スマートフォンのモバイル回線を使って、PCでのインターネット接続を可能にする「テザリング」は、外出先など固定回線が利用できない場合に役立つ。ただしテザリングでは、テザリングを有効化したスマートフォンにデバイスが接続できなかったり、デバイスでインターネットを利用できなかったりといったトラブルが発生することがある。テザリングでトラブルが発生した場合のトラブルシューティング手順を紹介する。

手順1.APとしての設定を確認する

 テザリングのトラブルシューティングとしてIT管理者はまず、テザリングを有効にしたスマートフォンに、他のデバイスが正しく接続しているかどうかを確認することが大切だ。スマートフォンを無線LANアクセスポイント(AP)として機能させる「無線LANテザリング」の場合、AP化したスマートフォンは、APとしてのSSID(APを識別するための名前)とパスワードを持つ。各デバイスが正しいSSIDに接続しているかどうか、入力したパスワードが正しいかどうかを確認する。

 Googleの「Android」やAppleの「iOS」といった主要なスマートフォンOSは、無線LANテザリングでAP化した際のパスワードをデフォルトで設定している。従業員が手動でパスワードを変更することも可能だ。

手順2.スマートフォンを再起動する

 場合によっては、テザリングを有効化したスマートフォンを再起動するだけで、テザリング関連のトラブルが解決することがある。IT管理者は従業員に、スマートフォンの電源を切ってから数秒待ち、電源を入れ直してもらうようお願いするとよい。


 次回は、トラブルシューティング手順の3つ目以降を紹介する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news109.jpg

フォーム作成管理システム「ヘルプドッグ フォーム」のEFO(エントリーフォーム最適化)機能が正式版に
nocoはフォーム作成管理システム「ヘルプドッグ フォーム」において、β版として提供して...

news068.png

広報活動がうまくいっている企業はどのくらいある?――オズマピーアール調査
国内企業の広報担当者200人を対象に、企業広報活動の実態を調査しました。

news214.png

月額2000円から使える次世代DOOH配信システム フリークアウトグループ会社が提供開始
Ultra FreakOutは、デジタルサイネージ配信システム「Maroon」の正式版の提供を開始した。