“SEO狙いサイト”を排除するGoogle「ヘルプフルコンテンツアップデート」とは検索結果のランキングを向上させるための8つのポイント【第3回】

検索エンジンのGoogleは「ヘルプフルコンテンツアップデート」を実施した。これにより、検索結果の順位が変動する可能性がある。ヘルプフルコンテンツアップデートで評価されるWebサイトの特徴を説明する。

2023年01月13日 08時15分 公開
[Amanda HetlerTechTarget]

関連キーワード

SEO | Google | 検索エンジン | Webサイト


 検索エンジンのランキング上位に自社のWebサイトが表示されるようにするには、エンドユーザーのユーザー体験を向上させる必要がある。検索エンジンの検索結果の上位に自社のWebサイトを表示させるための8つのポイントのうち、3つ目を紹介する。

3.Googleの「ヘルプフルコンテンツアップデート」の“真意”を理解する

 検索エンジン大手のGoogleは2022年8月に、「ヘルプフルコンテンツシステム」(helpful content system)のアップデート(ヘルプフルコンテンツアップデート)を開始した。ヘルプフルコンテンツシステムは、検索エンジンの対策に特化したWebページではなく、エンドユーザーにとって有益な情報が記載されているWebページを優先して、検索結果に表示する仕組みだ。

 Googleのヘルプフルコンテンツシステムは、「検索エンジンのランキング上位掲載を目的とした情報」ではなく、「人間味のある情報」を評価することに主眼を置いている。Googleは、Webサイトがエンドユーザーに満足感を与えているかどうかを判断するための、以下の基準を公開している。

  • Webサイトに特定のテーマがあるかどうか
  • エンドユーザーが満足する内容かどうか
  • エンドユーザーが学べることは何か
  • コンテンツが、製品やサービスに関する直接的な知識や専門性を示しているかどうか
  • エンドユーザーのターゲット層が明確かどうか
  • コンテンツが人々の役に立つように書かれているかどうか

 Webサイトの内容は、よく検索されるトレンドトピックばかりに注力するのではなく、自社の事業に合う内容にした方がよい。Webサイトの質を高めるには、Webサイトのターゲット層を把握し、業界やビジネス、顧客のニーズに基づく情報に絞って掲載することが重要だ。Webサイト内の複数のページに重複した内容が掲載されていると、検索結果の順番に悪影響を及ぼす可能性があるため、重複がないようにする。


 第4回は、8つのポイントのうち、4つ目を紹介する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news098.jpg

食品の高値安定傾向はどこまで続く?――インテージ調査
全国約6000店舗より収集している「SRI+(全国小売店パネル調査)」を基に実施した食品や...

news028.jpg

インターネット広告の新しいKPIと「アテンション」の再定義
最終回となる今回は、ターゲットに届いた広告の効果を正しく測定するための指標として「...

news158.png

売れるネット広告社、「売れるD2Cつくーる」にLP自動生成機能を追加
売れるネット広告社が「売れるD2Cつくーる」に、新たに「ランディングページ自動生成(AI...