Webブラウザがメモリを食い過ぎる理由はこれだWebブラウザ「メモリ使い過ぎ」防止法【第1回】

快適に動作していたWebブラウザが、突然応答しなくなることがある。その主な原因が、メモリ使用量の増加だ。なぜWebブラウザは、メモリを使用し過ぎてしまうのか。

2023年01月09日 10時00分 公開
[Brien PoseyTechTarget]

関連キーワード

管理者 | ストレージ | 技術解説


 Webブラウザは大量のメモリを使用する場合がある。メモリの使用量が増えてコンピューティングリソースが逼迫(ひっぱく)すると、業務に悪影響が出かねない。IT管理者は、まずはWebブラウザが大量のメモリを使用する理由を知っておく必要がある。

知っておきたい「Webブラウザがメモリを食い過ぎる理由」

 Webブラウザは、Webページのさまざまな構成要素をキャッシュ(一時保存)するためにメモリを使用する。メモリはストレージと比べて、データ読み書きなどのパフォーマンスが高い傾向がある。Webブラウザはパフォーマンス向上を重視するため、キャッシュの保存先としてメモリを積極的に使う。そのことから、メモリを大量に使用することになる。

 昨今はWebページがさまざまなコンテンツを含んでいる。WebブラウザはWebページを表示する際、レンダリング(画像や音声の生成)をする必要がある。レンダリングのためのデータ処理はメモリ使用量の増加につながる。

 最近のWebブラウザは複雑なデータ処理ができるよう、設計が進化している。例えば複数の処理を並列実行するために、1つのWebブラウザが複数のプロセス(プログラム)を立ち上げることがある。これによりパフォーマンスの向上が見込めるものの、メモリ使用量が増えやすくなるのがデメリットだ。


 第2回は、Webブラウザのメモリ使用量を測定するための方法を紹介する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...