Windows 11“なぜか動かない”を解消する「オプションの選択」の簡単な開き方「Windows 11」のセーフモードとその使い方【第3回】

「Windows 11」でセーフモードを利用する際、まずは「オプションの選択」画面を表示することになる。その簡単な表示方法とは。Windows 11が正常に起動する場合と、起動しない場合に分けて解説する。

2023年01月08日 10時45分 公開
[Robert SheldonTechTarget]

 クライアントOS「Windows 11」のトラブルシューティングのために、MicrosoftはPC診断ツール「セーフモード」を用意している。セーフモードの入り口となるのが「オプションの選択」画面だ。オプションの選択画面を表示する方法は幾つかある。その簡単な方法を紹介しよう。

“動かないWindows 11”で「オプションの選択」を表示する簡単な方法

 Microsoftは、Windows 11をセーフモードで起動するための方法を幾つか用意している。どの方法も、最終的には同じオプションの選択画面に行き着く。IT管理者はオプションの選択画面から、セーフモードでの起動を開始する。

 オプションの選択画面にたどり着く一番簡単な方法は、Windows 11のサインイン(ログイン)画面か、タスクバーからアクセスできる「スタート」メニューにある「電源」ボタンを押すことだ。いずれの場合も、電源ボタンをクリックし、「Shift」キーを押しながら「再起動」メニューをクリックすればよい。するとWindows 11はPCを再起動させ、オプションの選択画面を表示する。

 正常にWindows 11が起動せず、サインイン画面にアクセスできない場合、IT管理者は「WinRE」(Windows回復環境:Windows Recovery Environment)に入り、セーフモードでWindows 11を起動させる必要がある。WinREは、Windows 11のインストーラーがWindows 11本体と共にインストールする、リカバリー用OSだ。

 WinREへの移行は少し面倒で、PCの強制終了を2分以内に2回繰り返す必要がある。IT管理者はPCを強制終了させる際、PCの電源ボタンを10秒間押し続けなければならない。強制終了後に、もう一度PCの電源を入れ、Windows 11が起動したら、すぐにPCの電源を切る。再起動を3回繰り返したら、PCがWinREの「自動修復」画面を表示する。画面内の「詳細オプション」をクリックすると、オプションの選択画面が現れる。


 次回は、オプションの選択画面を開いた後に、セーフモードを利用するための手順を解説する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news109.jpg

フォーム作成管理システム「ヘルプドッグ フォーム」のEFO(エントリーフォーム最適化)機能が正式版に
nocoはフォーム作成管理システム「ヘルプドッグ フォーム」において、β版として提供して...

news068.png

広報活動がうまくいっている企業はどのくらいある?――オズマピーアール調査
国内企業の広報担当者200人を対象に、企業広報活動の実態を調査しました。

news214.png

月額2000円から使える次世代DOOH配信システム フリークアウトグループ会社が提供開始
Ultra FreakOutは、デジタルサイネージ配信システム「Maroon」の正式版の提供を開始した。