2022年12月18日 12時15分 公開
特集/連載

Windows 11“なぜか使えない”問題を解消する「セーフモード」の基礎知識「Windows 11」のセーフモードとその使い方【第1回】

「Windows 11」搭載PCでは、時として原因不明の問題が発生することがある。こうした問題の解決に役立つのが「セーフモード」だ。その基礎知識をおさらいする。

[Robert SheldonTechTarget]

 MicrosoftのクライアントOS「Windows」が標準搭載する「セーフモード」は、Windows搭載PCの問題を診断するのに役立つツールだ。「Windows 11」はトラブルシューティングを支援するため、複数のセーフモードを用意している。

いまさら聞けない「セーフモード」とは?

 どれだけ安定したOSでも、問題が発生することはある。Windows 11も例外ではない。Windows 11がフリーズ(動作停止)したり、不安定になったり、そもそも全く起動しなくなったりすれば、エンドユーザーの生産性に支障が出る。

 幸いなことに、MicrosoftはWindows 11搭載PCの問題を突き止めるのに役立つツールを幾つか用意している。その中でも特に有用なツールとして、セーフモードが挙げられる。セーフモードは、問題の診断やトラブルシューティングをするための動作環境だ。Windows 11の基本的な機能のみを実行するので、IT管理者がPCの問題を切り分けて特定する一助となる。

問題解決に役立つセーフモード

 セーフモードはWindows 11を基本的な状態で実行し、IT管理者がWindows 11搭載PCの問題を診断、解決する助けになる。例えばエンドユーザーのPCがクラッシュ(異常終了)やフリーズ、エラーメッセージの表示といった問題を繰り返す場合、IT管理者は対処の手段としてセーフモードを利用できる。

 Windows 11搭載PCの問題については、マルウェアへの感染、直近のハードウェアやソフトウェアのインストールなど、幾つかの原因が考えられる。セーフモードは問題の原因となり得る、ドライバやソフトウェアを無効にする。そのためIT管理者が問題の原因を特定するのに役立つ。


 次回は、Windows 11が備える3種類のセーフモードと、それぞれの違いを整理する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news067.jpg

Xにおける「バレンタイン」を含む言及数は過去4年間で最多だがUGC数は最少 どういうこと?
ホットリンクは、X(旧Twitter)に投稿されたバレンタインに関するUGCについて調査しまし...

news061.jpg

Expedia幹部が語る旅行体験向上のためのAI活用とグローバルブランド戦略
Expediaは、日本での18周年を記念してブランドを刷新した。テクノロジーへの投資を強化し...