SAP HANAのバックアップに使える「Backint」とは? なぜ有効なのかSAP HANAバックアップ入門【後編】

「SAP HANA」のデータをバックアップするために、サードパーティー製ツールを使いたい――。こうしたニーズに応えるために、SAPが提供しているのが「Backint」だ。どのようなものなのか。メリットは。

2023年01月12日 05時00分 公開
[Brien PoseyTechTarget]

関連キーワード

SAP | SAP HANA | バックアップ


 SAPのインメモリデータベース「SAP HANA」のデータをバックアップするには、どうすればよいのか。一つの選択肢が、SAPが提供しているデータベースインタフェース「Backint」の利用だ。その利点とは。

Backintとは? “お手持ちツール”でSAP HANAバックアップを簡単に

 Backintは、SAP HANAのバックアップにサードパーティー製ツールを使うためのデータベースインタフェースだ。中編「SAP HANAバックアップ手法「ファイルベース」「スナップショット」の違いとは?」で取り上げた「ファイルベースバックアップ」と同様、Backintはデータの破損を防ぐ整合性チェックをブロック(固定サイズのデータの塊)レベルで実行。データ全体ではなく、使用中のデータのみをバックアップする。

 企業はBackintを利用すれば、既存のバックアップツールを用いてSAP HANAバックアップができる。Backintは、バックアップするデータの暗号化や重複排除といった機能を備える。

 Amazon Web Services(AWS)の同名クラウドサービス群のユーザー企業は、AWSが提供するSAP HANA用のバックアップツール「AWS Backint Agent」を使うことができる。AWS Backint Agentは、標準GUI(グラフィカルユーザーインタフェース)の利用を含め、複数の方法でデータ復元が図れる。


 SAP HANAには複数のバックアップ方法がある。どれが一番良いのかは一概には言えないので、企業は自社システムの特性をよく考えた上で、最適な方法を慎重に選ぶことが大切だ。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news205.png

広告の「No.1」表記の実態 購入動機の約60%に影響
GMOリサーチ&AIは広告の「No.1」表記に対する消費者の捉え方を把握するために調査を実施...

news188.png

香り体験をデジタル化する「香りリテールメディア」 東芝テックとスコープが提供開始
店頭に香りリテールメディア用のタブレットと香料噴射器が付いた商品棚を設置して、消費...

news182.png

電通と電通デジタル、電通プロモーションプラス3社横断のCX専門チームが発足
dentsu Japanの3社は、分散しがちだったCXの施策、ノウハウ、データをつなげるストック型...