2019年08月10日 08時30分 公開
特集/連載

いまさら聞けない「マザーボード」「プロセッサ」「RAM」「HDD」とは?サーバを構成するハードウェア、基本の「き」

どのような形態のサーバでも、共通して使われている部品がある。本稿では、サーバを構成する4つの部品の基礎知識を説明する。

[Jessica Lulka,TechTarget]

関連キーワード

ハードディスク | SSD | サーバ | ストレージ


画像

 データセンターの規模に応じて組織はブレードサーバやラックサーバ、タワーサーバを使い分け、管理者が必要に応じてサーバの台数を調整してハードウェアを効率的にメンテナンスし、簡単に冷却できるようにしている。

 ラック型であれ、ブレード型であれ、タワー型であれ、サーバに組み込む部品の種類は変わらない。これらの部品は目的に沿った性能で構成され、データを処理している。以下にサーバを構成する基本的な部品について説明する。

マザーボード

 マザーボードはサーバの中心的なプリント回路基板で、外部接続用の全デバイスを接続する中枢の役割を果たす。マザーボードには主に「ATX」(Advanced Technology eXtended)と「LPX」(Low Profile eXtension)という2つの規格がある。ATXは入出力配置や拡張スロット、LAN接続用のスペースが比較的大きい。LPXのマザーボードはシステムの後部にポートがある。

 マザーボードの規格には他に「BTX」(Balance Technology eXtended」「Pico BTX」「Mini-ITX」などがあり、これらはATXやLPXよりも小さい。

プロセッサ

 プロセッサは、データの取得や暗号化されたデータの復号、処理の実行、データの書き込みといった基本的な動作をする。プロセッサの主な構成要素として、浮動小数点演算装置(FPU)を含めた演算装置(ALU)、レジスタ(プロセッサ内の記憶装置)、キャッシュメモリがある。

 さらに細かいレベルでは、ALUはオペランド(被演算子)を使って、全てのロジックおよび演算コマンドを実行する。高速処理が可能なFPUは、数値計算の際に補助的に利用される。

 プロセッサと「CPU」という言葉はしばしば混同されて用いられる場合がある。だが「グラフィックス処理ユニット」(GPU)もプロセッサの一つだ。GPUを使用する場合は、1台のサーバに複数のプロセッサを搭載することもある。

RAM

ITmedia マーケティング新着記事

news059.jpg

世界のCMOの62%が今後1年間マーケティング予算は削減か横ばいと回答――電通インターナショナル調査
電通インターナショナルが世界規模で実施した「CMO調査2020」の結果です。

news017.jpg

HubSpotとWeWork 世界の成長企業が新しい日常で実践するスマートな働き方
ニューノーマル時代に企業が成長し続けるためのヒント。

news022.jpg

中国向けマーケティング インバウンド“蒸発”をどう乗り越える?(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...