無線LANの「ダウンリンクMU-MIMO」と「アップリンクMU-MIMO」の違いとは?「Wi-Fi」の根幹技術【後編】

無線LANを高速化する技術「MU-MIMO」には「ダウンリンクMU-MIMO」と「アップリンクMU-MIMO」がある。両者はどう違うのか。

2020年07月22日 05時00分 公開
[Alissa IreiTechTarget]

関連キーワード

Wi-Fi | 無線LAN


 無線LANで使用される用語に、「下り」(ダウンリンク)と「上り」(アップリンク)がある。ダウンリンクは無線LANアクセスポイント(AP)が送信側で、クライアントデバイスが受信側となる場合のデータ伝送を指す。エンドユーザーがWebサイトからプログラムをダウンロードする場合がダウンリンクだ。アップリンクはクライアントデバイスが送信側で、APが受信側となる場合のデータ伝送を指す。エンドユーザーが動画ファイルをインターネットの動画サイトにアップロードする場合がアップリンクだ。

 無線LANを高速化する技術である「MU-MIMO」(マルチユーザーMIMO)の正しい理解のために、アップリンクとダウンリンクについて説明した。「MIMO」は「Multiple Input Multiple Output」の略称で、複数のアンテナを使って送信用と受信用に複数の空間ストリーム(通信経路)を使用する技術だ。MU-MIMOは複数のクライアントデバイスでこのMIMOを利用できる。

MU-MIMOのダウンリンクとアップリンクの違い

ITmedia マーケティング新着記事

news098.jpg

食品の高値安定傾向はどこまで続く?――インテージ調査
全国約6000店舗より収集している「SRI+(全国小売店パネル調査)」を基に実施した食品や...

news028.jpg

インターネット広告の新しいKPIと「アテンション」の再定義
最終回となる今回は、ターゲットに届いた広告の効果を正しく測定するための指標として「...

news158.png

売れるネット広告社、「売れるD2Cつくーる」にLP自動生成機能を追加
売れるネット広告社が「売れるD2Cつくーる」に、新たに「ランディングページ自動生成(AI...