2019年10月11日 05時00分 公開
特集/連載

「Wi-Fi 6」の正体【前編】「Wi-Fi 6」と「Wi-Fi 5」の違いとは? 5つのメリットを解説

「Wi-Fi 6」は前の世代に当たる「Wi-Fi 5」と何が違うのだろうか。Wi-Fi 6への移行を検討するならば、どのような技術によって何が変わるのかを知っておくと失敗しないだろう。

[Kevin Tolly,TechTarget]

関連キーワード

Wi-Fi | IEEE 802.11ac | ギガビット無線LAN


画像

 現在、広く普及している無線LAN規格は「IEEE 802.11ac」であり、無線LANの業界団体Wi-Fi Allianceの製品認証プログラム名称では「Wi-Fi 5」と呼ぶ。Wi-Fi 5の準拠品が市場に出始めたころには、早くも新規格「IEEE 802.11ax」の標準化に向けた議論が始まっていた。IEEE 802.11axは、Wi-Fi Allianceの製品認証プログラムでは「Wi-Fi 6」と呼ぶ。無線LANの新規格が登場したときに問題になるのは、採用するかどうかではなく、いつどのように移行するかだ。

 無線LAN機器ベンダーがWi-Fi 6の新しさや強化点をアピールするのは当然だ。だが企業がこの新規格を導入するに当たって本当に考慮すべきポイントは何だろうか。以下では、それを考えるに当たって重要なWi-Fi 6のメリット、移行戦略、その他重視すべき点を見ていこう。

Wi-Fi 6の技術とメリット

 Wi-Fi 6の準拠品によって、企業は無線LAN進化の恩恵を受けられるようになる。その恩恵は、接続デバイスの密度が高い環境や、VoIP(Voice over Internet Protocol)のトラフィックを扱うような、特定のケースで生きる。

 具体的な移行方法を考察する前に確認しておきたいWi-Fi 6の主なメリットと、それらを実現する技術を以下に示す。

1.周波数帯域の利用効率が向上

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...