2019年06月03日 05時00分 公開
特集/連載

中小企業と大企業でポイントは異なるドラフト版「Wi-Fi 6」の無線LAN製品を今すぐ購入する際の注意点

「IEEE 802.11ax」(Wi-Fi 6)はまだ正式承認前だ。ドラフト版のIEEE 802.11axに準拠した無線LAN機器を今すぐ購入する方がいいのか。それとも正式承認を待つべきだろうか。

[Lee Badman,TechTarget]

関連キーワード

IEEE | Wi-Fi | 無線LAN


画像

 次世代無線LAN規格「IEEE 802.11ax」(無線LANの業界団体Wi-Fi Allianceによる製品認証プログラムの名称では「Wi-Fi 6」)の正式承認(2020年の見込み)がいよいよ間近になり、期待が高まっている。ただし機器の購入については判断が難しい。

 承認前のIEEE 802.11ax(以下、IEEE 802.11axドラフト規格)準拠機器を購入しても問題はないのか。新規格が定着するまで待つべきなのか。企業は判断を迫られる。他の無線関連分野の場合と同様、この判断も状況次第で変わってくる。

 中小企業の場合、IEEE 802.11axドラフト規格の準拠機器を購入するかどうかの判断は比較的単純だ。Eコマースサイト「Amazon.com」で検索してみると、一般消費者向けのIEEE 802.11axドラフト規格準拠ルーターが既に何十種類も販売されている。無線関連機器の知識があまりなくても、予算と相談し、製品レビューを参考にして選択すればよい。

 無線LANルーターさえ新しくすればよい、というわけではない。利用している無線LANクライアント機器やインターネットサービスプロバイダー(ISP)接続がIEEE 802.11ax準拠ではない場合、効果は限定的だ。それでも無線LANの総合的な品質はかなり向上するだろう。

 IEEE 802.11axドラフト規格の準拠製品を発売しているベンダーのほとんどは、承認後のフルサポートを約束している。機器を大量に購入する場合や、購入する機器を何年も使用する予定の場合は、その点を確認しておく必要がある。

大規模導入は慎重に

ITmedia マーケティング新着記事

news044.jpg

大日本印刷の山口圭介氏が次世代のマーケターに伝えたい「生き方」と「働き方」
B2Bマーケター注目のイベント「Bigbeat LIVE」が2019年8月2日に開催される。そこに登壇す...

news096.jpg

HubSpotが無料のCRMを強化、メール配信と広告管理機能を提供
無料で使える「HubSpot CRM」に、メールマーケティング機能と広告機能が加わった。

news045.jpg

フリーランス活用職種トップ3は「デザイナー」「エンジニア」「動画制作」――ランサーズ調査
ランサーズが企業を対象に実施した「外部人材(フリーランス)活用実態調査」によると9割...