2019年02月10日 05時00分 公開
特集/連載

いつ使える? 導入すべき?次世代無線LAN規格「Wi-Fi 6」を知るための8つのFAQ

次世代Wi-Fi規格に対する業界の期待が高まり続けている。「Wi-Fi 6」はこれまでの流れを一変させると専門家が予想する中、知っておくべきことについて解説する。

[Alissa Irei,TechTarget]
画像 Wi-Fi 6は今までの無線LAN環境を一変させる

 「Wi-Fi 6」はWi-Fiの新規格だ。2019年1月時点でまだIEEE(米国電気電子学会)が正式に承認していないにもかかわらず、業界では既に盛んな宣伝が始まっている。そうした騒ぎはさておき、Wi-Fi 6には大きな期待が託されており、アナリストの予想では、この先何年もの間、無線LANを劇的に向上させる見通しだ。

 新規格に関心のある読者のために、よくある質問の一部を以下に紹介する。

802.11axとWi-Fi 6の違いは?

 大まかに言えば、「802.11ax」と「Wi-Fi 6」は同じ次世代無線LAN技術を指す。IEEEは2014年5月にこの規格を策定するための委員会を組織して以来、これを802.11 axと呼んできた。

 技術的には、802.11axがIEEE規格で定められた無線LAN技術を指す。一方のWi-Fi 6は、無線LANの標準化団体Wi-Fi Alliance(WFA)が認定した802.11ax対応の製品とネットワークを意味する。ただ、この2つの用語を混同して使うネットワーク専門家も増えている。

 WFAは業界標準やプロトコルに従った製品の認定を実施している団体で、これまでは「IEEE 802.11」という名称を採用してきた。だがWFAは2018年末、専門用語をユーザーに分かりやすいものにするため、無線LAN技術を世代で表現する新しい命名体系を導入した。

 WFAは現在、802.11axに準拠した製品をWi-Fi 6と呼んでいる。一方「802.11ac」製品は「Wi-Fi 5」、「802.11n」製品は「Wi-Fi 4」と呼ばれる。現在の市場ではあまり見掛けなくなった、それより前の世代のIEEE規格についても名称を変更し、「802.11g」は「Wi-Fi 3」に、「802.11a」は「Wi-Fi 2」に、「802.11b」は「Wi-Fi 1」になった。

Wi-Fi 6は802.11acよりも速い?

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

社名に「令和」を含む企業は全国で何社ある?――東京商工リサーチ調べ
即位礼正殿の儀を前に新設法人334社、社名変更で97社の「令和」企業が生まれています。

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...