“10ギガビット無線LAN”が現実に? 新規格「IEEE 802.11ax」とは何か802.11acよりも「エキサイティング」

新しい無線LAN規格「IEEE 802.11ax」は、「IEEE 802.11ac」をはじめとする現状の無線LAN規格と何が違うのか。要点をまとめた。

2017年08月25日 05時00分 公開
[Lee BadmanTechTarget]
画像 ネットワーク関係者が関心を寄せるIEEE 802.11axとは

 無線通信を話題とする現在の主要なネットワークカンファレンスでは、無線LANの新規格「IEEE 802.11ax」について取り上げるセッションが必ずといってよいほど存在する。言うまでもなく、現行規格「IEEE 802.11ac」に続く大きな波となるこの新規格の開発担当者は、既にこのエキサイティングな技術に入れ込んでいる。

IEEE 802.11axとは

 IEEE 802.11axは、約10Gbpsに達するともいわれる高速なデータ伝送速度を実現する。無線LAN業界団体のWi-Fi Allianceが策定するIEEE 802.11acのフル仕様「802.11ac Wave 2」と比べて、約40%の高速化だ。

 既存の無線LAN技術は、IEEE 802.11axも基盤技術として採用している。例えば複数のアンテナを利用し、送信データを複数の信号(空間ストリーム)に分割して同時伝送する「MIMO」(Multiple Input Multiple Output)、現代の携帯電話ネットワークを支えるLTE(Long Term Evolution)技術などだ。

 さらに「OFDM」(直交周波数分割多重方式)などの周波数分割多重化技術を採用して、スペクトル効率(一定の周波数帯域幅で伝送可能なデータ量)を大幅に向上させる。結果として高速化が実現でき、アプリケーションやサービスにアクセスできるモバイルユーザーを増やすことが可能になる。

 IEEE 802.11acのライフサイクルは、まだ到底終わっていない。ではいつからIEEE 802.11axのことを気にし始めればいいのだろうか。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...