2017年03月23日 09時00分 公開
特集/連載

東京女子大学は「スチールドア付き学生寮で快適無線LAN」をどう実現したのか「キャンパス内ならどこでも接続できる環境」を目指す(1/3 ページ)

「キャンパス内ならどこにいてもネットワークにつながる環境」を目的に、接続環境の整備を進めてきた東京女子大学。2016年4月新設の学生寮「桜寮」の無線LAN構築に当たって、同大学が直面した課題とは。

[高橋睦美,著]

関連キーワード

教育 | 教育IT | ネットワーク | 無線LAN


写真 写真1 無線LAN環境を構築した東京女子大学の桜寮(提供:東京女子大学)《クリックで拡大》

 キリスト教主義に基づくリベラルアーツ(教養や基礎学力)教育による、女子への高等教育を目的に設立された東京女子大学(東京都杉並区)。建学以来、その教育理念に基づき、専門性を持つ教養人を養成してきた。グローバル化やIT化が必須の21世紀においてもその精神は変わらず、2018年には創立100周年を迎える。

 節目を前に2016年4月に新設した学生寮「桜寮」では、学習や就職活動などに必須のインフラとして無線LANを整備した。導入の背景と狙いを、東京女子大学現代教養学部数理科学科准教授で情報処理センター長を務める荻田武史氏と、情報処理センター助手の田中 聡氏に尋ねた。

学生生活に必須のネットワーク環境、無線LAN接続も順次整備

       1|2|3 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

婚活・恋活マッチングアプリ 3億7000万人の巨大市場の行方
世界のマッチングアプリ(デートアプリ)市場のすう勢と、ウィズコロナの展望。

news053.jpg

データのサイロ化を乗り越えLTVを最大化する変数を発見 ネット宅配クリーニング「Lenet」がやったこと
事業の多角化などに伴うデータのサイロ化を防ぐためには統合的なデータ基盤が不可欠だ。...

news120.jpg

2021年のゴールデンウイークの予定 「自宅で過ごす」が依然として主流だが外出予定は増加――インテージ調査
外出意向は高まりつつも、新型コロナへの不安が消えたわけではないようです。