“全教室無線LAN完備”の工学院中高が「セルラー版iPad mini」をあえて選んだ理由「アクティブラーニング」の場を学校だけにしない(1/3 ページ)

無線LANに加えて携帯電話回線での通信が可能な、セルラーモデルの「iPad mini」を先駆的に採用した工学院大学附属中学校・高等学校。その選定理由とは。

2016年02月10日 08時00分 公開
[神谷加代]
工学院中高 セルラーモデルのiPad miniを採用した工学院中高《クリックで拡大》

 東京都八王子市にある工学院大学附属中学校・高等学校(以下、工学院中高)は2015年4月、新中学1年生96人を対象にAppleの小型タブレット「iPad mini」を導入し、1人1台環境の本格実施に踏み切った。「iPad」シリーズを活用する私立学校の中には、無線LAN通信のみが可能な「Wi-Fiモデル」を採用し、かつ学習者が購入した個人端末を活用するところが目立つ。こうした中、工学院中高は無線LANに加えて携帯電話回線による通信が可能な「Wi-Fi + Cellularモデル」(以下、セルラーモデル)のiPad miniを選択。同校がKDDIと端末を一括してレンタル契約し、生徒に貸与する形を取る。

 iPadシリーズに限らず、セルラーモデルのタブレットを教育機関が導入する一般的なメリットは、無線LAN環境の構築コストが抑えられることだろう。だが工学院中高は、各教室に無線LANアクセスポイント(AP)を3台ずつ配備し、校舎内の無線LAN環境を完備している。にもかかわらず、同校がセルラーモデルを選択した理由とは何か。同校のiPad mini導入を推進した、工学院大学情報システム部課長の小野垣 仁氏に話を聞いた。

無線APを217台整備 「21世紀型教育」実現にITを生かす

       1|2|3 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...