動画:古河市教育委員会が「セルラー版iPad」を選んだ6つの理由「iTeachers TV」最新番組紹介

古河市が市立小中学校に導入する「iPad」が、3G/LTE回線による通信が可能な「Wi-fi+Cellularモデル」になった理由とは? 教育ITの実践とノウハウを紹介する「iTeachers TV」の最新番組を紹介します。

2015年07月09日 14時00分 公開
[TechTargetジャパン]

関連キーワード

iPad | iTeachers | 教育IT | タブレット


画像 iTeachers TV第10回は前回に引き続き、古河市教育委員会の平井氏が同市のiPad活用について解説《クリックで拡大》

 iTeachers TV第10回は、第9回「動画:学校IT活用を無理なく進める『4つのステップ』とは? 古河市教委の平井氏が力説」に続き、茨城県の古河市教育委員会で指導課 参事兼課長を務める平井 聡一郎氏が登場。同市が2015年9月に開始する、市立小中学校での「iPad」活用の狙いについて説明しています。

 古河市教育委員会が採用したiPadは、無線LANに加えて3G/LTE回線による通信が可能な「Wi-fi+Cellularモデル」(以下、セルラーモデル)です。iPadを導入する教育機関の多くが無線LAN通信のみの「Wi-Fiモデル」を選ぶ中、古河市がセルラーモデルを選定した理由とは何か。平井氏は、同市のセルラーモデル選定を後押しした6つのメリットを紹介。さらに、iPadとクラウドサービスの組み合わせで実現を目指す「反転授業」(授業と家庭学習の役割を一部逆転させる授業/学習方法)の仕組みも説明しています。

 週替わりのコーナー「教育ICTなんでも3ミニッツ」では、教育機関向けITコンサルティングを手掛けるフューチャーインスティテュートの為田裕行氏が、教育機関がIT活用を成功させるための考え方を伝授しています。教育機関のIT導入で重要なのは、ITを使ってやりたいことを明確化することだと為田氏は指摘。先駆的なIT活用校の取り組みを基に、教育機関に適した主要なITの用途9種を紹介しています。詳しくは番組をご覧ください。

 TechTargetジャパンの会員登録/ログイン後、下の「同意して閲覧する」(注)ボタンをクリックすると番組が閲覧できます。

注:システムの仕様上「同意して閲覧する」と表示されていますが、クリックや閲覧に伴って第三者へ個人情報を提供することはございません。

ITmedia マーケティング新着記事

news080.jpg

DIORが本気で挑むラグジュアリー体験としてのAR
広告プラットフォームのTeadsがAR(拡張現実)とAI(人工知能)技術を応用したサービスを...

news057.jpg

AIに対して良い印象を持っている人は70%以上 理由は?
楽天インサイトが「AIに関する調査」結果を発表。AI(人工知能)のイメージや生活への関...

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...